CSRの必要性とは? CSRのメリット・デメリットまとめ7選

CSRのメリット・デメリットまとめ

CSR活動とは、メリット・デメリットを知ることから始まる。そんなふうに思います。

そんなの企業活動全般で言えることなのですが、CSR・社会貢献という領域になると、皆さんコストを垂れ流してOKなんですよね。大企業さんの仕組みと意味がよくわかりません。

というわけで、CSRのメリット・デメリットを今一度振り返ってみましょう。きっと来年につながる視点が見つかると思います。

追記:2016年4月
記事更新 → CSRとは何か?CSRの意味とメリット・デメリットとは

CSRのメリット・デメリットまとめ7選

1、企業の社会貢献・CSRのメリット・デメリットとCSRの意味を考えた
まずは、この記事を読んで、CSRのメリット・デメリットをきちんと確認してみて下さい。

2、結局CSRとは何か? CSRの意味を再定義するための記事まとめ11選[2013年版]
CSRにおけるメリット・デメリットを把握するには、そもそも、CSRとは何かを知っている必要があります。

3、ノーベル賞教授も語る、新しい社会貢献型法人「ベネフィット・コーポレーション」
2013年度ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授も、社会貢献を刷る企業は素晴らしいと言ってます。それ自体で、メリットがありそうが気がするのは、権威のパワーに負けているというだけなのでしょうか?

4、有名CSR格付け「DJSI(ダウ・ジョーンズ・サスティナビリティ・インデックス)」の模範解答の3つのポイント
昨今の企業評価ランキングでは、CSRの項目が多くの場合、評価の対象となります。ランキング下げたくない大手は、CSRをやる以外の選択肢はありませんね。

5、中小企業の“CSRをすべき理由”をまとめた冊子「CSRチェックリスト」
「なぜ我々はCSRをしなければならないのか」。その問いの答えを持っていない限り、CSRはデメリットであり続けます。

6、御社のCSRコンテンツが未熟であるたった1つの理由(と、飛躍的に成長させるシンプルなコツ)
自分の「伝えたいこと」と、相手の「知りたいこと」は違う。この事を、しっかり理解した上でコミュニケーションすることで、御社にもメリットのあるCSR活動として認知されるのかもしれませんね。

7、CSRコンサルティングの壁?社会貢献における思考停止とは
CSR活動の「ニーズ」と「ベクトル」を理解してないのに、CSRのメリット・デメリットを語るのがおかしいかと。

まとめ

CSR活動を推進することが難しいのは、その範囲がとても広いことと、今回のように、そもそもCSRのメリット・デメリットを把握してないという事があります。

社員が1秒でも動けば、企業活動です。なのに、効果測定がされないとか、予算が決まっている(やること決まってないのに?)とか、ありえないでしょう。僕に100万投資すれば、将来にわたって何倍ものコストを削減して、さらに結果出せるのに…。

それはさておき、CSRのメリット・デメリットをあなたはきちんと把握していますか?今一度振り返り、来年こそは、有意義なCSR活動につなげていただければ幸いです。

関連記事
社会貢献効果が大きそうな、企業の社会貢献活動3事例
企業はCSRとしてボランティア活動をすべきなのか
良いCSRとは、CSRが定義されマテリアリティを決めることかもしれない


サステナビリティ情報開示のことなら、専門家の私たちにご相談ください。


私たちはサステナビリティ情報開示を得意分野とするコンサルティング会社です。国内トップクラスの情報と知識で、成果にこだわったアドバイザリーサービスを行います。サステナビリティ情報開示に課題を抱えるCSR推進担当の方、専門家を探しているサステナビリティレポート制作会社の方、お気軽にお問合せください。

事業概要
お問合せフォーム