プロフィール

安藤光展

安藤 光展(あんどう・みつのぶ)

サステナビリティ・コンサルタント。一般社団法人サステナビリティコミュニケーション協会・代表理事。専門は、サステナビリティ経営、ESG情報開示。「日本のサステナビリティをアップデートする」をミッションとし、上場企業を中心にサステナビリティ経営支援を行う。日本企業のサステナビリティ経営推進、ESG情報開示支援、マテリアリティ特定支援、レポート/サイトの第三者評価、SDGs対応、GRIスタンダード対応、など支援実績多数。
各種メディアでサステナビリティについての寄稿・取材対応・出演多数。講演実績は直近10年で100件以上。ネット系広告会社などを経て2008年に独立。以降複数の企業の立ち上げを経て、2016年より現職。2009年よりブログ『サステナビリティのその先へ』運営。著書は『未来ビジネス図解 SX&SDGs』(エムディエヌ)ほか多数。1981年長野県中野市生まれ。Twitterアカウント:@Mitsunobu3

■主な所属/肩書
一般社団法人 サステナビリティコミュニケーション協会/代表理事
サスコンサルティング合同会社/代表
ドラッカー学会/会員

■主な著書
・『未来ビジネス図解 SX&SDGs』(エムディエヌ、単著、2022年)
・『戦略的人的資本の開示 運用の実務 必須知識の体系的整理と実戦的戦略策定ガイド』(日本能率協会マネジメントセンター、共著、2022年)
・『実践! ESG投資 SDGs時代のメガトレンド』(日本経済新聞出版、ムック、2021年)
・『創発型責任経営〜新しいつながりの経営モデル』(日本経済新聞出版、共著、2019年)
・『この数字で世界経済のことが10倍わかる〜経済のモノサシと社会のモノサシ』(技術評論社、単著、2013年)

業務概要

サステナビリティ経営およびESG情報開示の専門家としてアドバイザリー・サービスを提供しています。また、ウェブサイト/報告書制作会社のパートナーとして、制作プロジェクトおよび共同コンサルティングに参画することも多数あります。

<全般>
コンサルティングメニュー(別ページ)
・サステナビリティ領域の研修、講演、執筆、メディア取材対応
・サステナビリティ経営に関するアドバイザリー

<情報開示>
・サステナビリティ情報開示支援
・ウェブサイト/報告書の制作支援および第三者評価
・ESG評価向上支援(ガイドライン対応)

<戦略立案>
・サステナビリティ戦略立案の助言および実務の支援
・マテリアリティ特定支援
・SX(サステナビリティ・トランスフォーメーション)推進支援

<そのほか>
・サステナビリティ領域の新規事業開発支援
・サステナビリティ領域のスタートアップ企業のアドバイザー業務

メディア掲載/取材協力

<雑誌・新聞>
「環境ビジネス」「CSR企業白書」「CSR企業総覧」「日経エコロジー(現 日経ESG)」「日経ムック」「週刊女性」「夕刊フジ」「読売新聞」「日刊工業新聞」「ダイヤモンドZAi」「AERA」「日経ビジネス」「週刊エコノミスト」「週刊東洋経済」「広報会議」「宣伝会議」「環境会議」「人間会議」「月刊総務」「週刊SPA!」「ZAITEN」「リベラルタイム」「週刊ビル経営」など

<ウェブメディア>
「リクナビNEXTジャーナル」「日経クロスウーマン」「Yahoo!ニュース個人」「オルタナ」「zakzak」「Business Journal」「MarkeZine」「Gyoppy」「ねとらぼ」「ハフポスト」「The Japan Times」「現代ビジネス」など

実績紹介

各種業務の実績は【実績紹介ページ】をご確認ください。

お問合せ

私は「サステナビリティ経営」と「サステナビリティ情報開示」の専門家です。戦略立案や情報開示に課題を抱えるサステナビリティ推進担当の方、コンサルティング・パートナーとなる専門家を探しているレポート/ウェブサイト制作会社の方、お気軽にお問合せください。

>>お問合せフォーム