プロフィール

安藤 光展(あんどう・みつのぶ)/CSRコンサルタント

安藤光展

一般社団法人 CSRコミュニケーション協会・代表理事。専門はCSR/サステナビリティ領域の、経営戦略、情報開示、企業評価。著書は『CSRデジタルコミュニケーション入門』(インプレスR&D)、『この数字で世界経済のことが10倍わかる』(技術評論社)など。2009年よりブログ『CSRのその先へ』運営。
大学卒業後、インターネット系広告会社などを経て2008年に独立。以降「日本のCSRをアップデートする」をミッションとし、企業のCSR/サステナビリティ・コンサルティング業務を中心に活動中。研究活動として「企業価値を創造するCSR/サステナビリティ戦略および情報開示」をテーマに、大学関係者との共同研究、研究会、学会などで調査を行なっている。1981年長野県生まれ。

主な所属と肩書

一般社団法人 CSRコミュニケーション協会/代表理事
CSR企業評価研究会/代表幹事
サステナビリティ日本フォーラム/正会員
日本広報学会/会員

業務内容

CSR/サステナビリティ経営の専門家として、企業価値を高めるためのアドバイザリーサービスを提供しています。

■CSR/サステナビリティ戦略
・第三者評価/現状分析/経営診断の実施
・マテリアリティ、KGI/KPIの策定支援
・ステークホルダーエンゲージメント推進

■CSR/サステナビリティ全般
・講演および研修
・コミュニティの企画、運営
・外部評価向上のアドバイザリー
・CSRウェブコンテンツの運用アドバイザリー
・CSR/サステナビリティ報告書の制作アドバイザリー

■ソーシャルインキュベーション
・CSV/ソーシャルビジネスの戦略立案、実行支援、起業支援
・ソーシャルグッド/社会貢献系ウェブメディアの企画、運営支援

特徴・強み

当方の強みとしては「情報量/専門性」「コストパフォーマンス」「企業評価」などがあります。現場のCSRコンサルタントで著書を複数持つ人はほとんどいません。それだけ情報量/専門性を持っていると考えています。また少数精鋭の低コスト組織運営により、他社と同様の品質でよりコストを抑えたサービス提供ができます。また近年のステークホルダーエンゲージメントやCSR/サステナビリティ評価を研究し、より企業評価向上に貢献できうるアドバイザリーができます。

主な書籍および論文・寄稿

・「CSR企業評価とその重要性」(日本橋CSR研究会・研究レポート、2018年7月)
・「CSRコンテンツ、エンゲージメントと企業評価の最新動向」(東洋経済新報社・CSR企業白書2018、寄稿、2018年4月)
・「CSRデジタルコミュニケーション入門」(インプレスR&D、共著、2016年4月)
・「この数字で世界経済のことが10倍わかる〜経済のモノサシと社会のモノサシ」(技術評論社、単著、2014年1月)

主な取引先

事業会社:大手上場企業のCSR部門、経営企画部門、など
コンテンツ制作会社:CSR関連報告書の制作会社、IR支援会社、広告/デザイン会社、ウェブマーケティング会社、印刷会社、PR会社、など
メディア:出版社(週刊誌、雑誌)、ニュースサイト運営会社、など
パブリックセクター:大学、自治体、NPO法人、業界団体、など

お問合せ

業務実績の詳細に関してはウェブサイトで公開していません。お気軽に『お問合せ』より、お問合せください。