コーズマーケティング・CSRマーケティングを強化するために知っておくべき記事18選[2013年版]

コーズマーケティング

コーズマーケティングとは、社会的課題の解決と収益拡大の両立を目指すマーケティング手法のこと。単なる慈善活動と違い最終的には企業のイメージアップ・収益拡大が目的。寄付金付き商品の販売が有名です。

2013年も色々な事例をまとめてきました。日本で一番事例をまとめているのって僕しかいないですよね?まー、何でもいいんですけど。

というわけで、事例を振り返りながら、コーズマーケティングとは何か改めて振り返ってみましょう。

ちなみに、大企業だろうが、中小零細企業だろうが、仕組みとしては誰でもできるものなので、2014年こそは、ぜひチャレンジしてみて下さいね。

コーズマーケティングを強化するために知っておくべき記事18選

1、百貨店のコーズマーケティング事例! 売上が最大2倍の「募金百貨店プロジェクト」
首都圏でなくても、地方でもできるんです。しかも、そのネットワークがハンパないっていう。日本最大規模のコーズマーケティング事例になりそうです。

2、CSR? コーズマーケティング? ピンクリボン運動支援企業28選+α[2013年版]
大きなコーズマーケティングプロジェクトは、新規で参加しやすいですよね。

3、みんなで一緒にコーズマーケティング? 買物で社会貢献ができる「ウェブベルマーク運動」
30、40代の方は小・中学生の時によく集めたベルマーク。ウェブ版がスタートしてますよ。

4、最新iPhone5Sでも! 社会貢献できるアップル公式iPhoneケース「PRODUCT RED」
この記事は、タイミングも見計らって投稿しました(笑)。お陰さまで、かなりアクセスありました。あのアップルの公式ですからね。

5、CSRでイノベーションを! 世界のソーシャルグッド事例まとめ10
ソーシャルグッドな世界の事例をまとめた記事。欧米を中心に、世界はいつでも先進的ですな。

6、マーケター必見! 全世代で69%いる“社会貢献消費”を願う人々とは
若者を中心として、社会的消費が浸透しつつある。そんな中、企業は売上向上に彼らをターゲットに入れない手はないですよね?

7、コーズマーケティング事例の限界を超えられるか? ボルヴィック「1L for 10L」
コーズマーケティングの事例紹介で、100%出てくるボルビック。でもその現在の成績はなかなか厳しいのかも?

8、コーズマーケティングのCSR事例! “本を寄付する”新しい仕組み「チャリボン」
新しいようで、仕組み自体はそんなに目新しいものではありません。継続とNPOとのコラボを実直に進めた結果、ものすごい金額が積み上がってます。

9、後発でも結果をだせる!?コーズ・リレーテッド・マーケティング事例「い・ろ・は・す」
要は切り口というか、「どうやって価値を生み出すか?」という話です。

10、トレンドだけでは社会貢献にならない!エシカルビジネスにおける3つのポイント
エシカルの認知度は年々伸びている気がします。特にファッション系。世界の進展に、日本はどこまで追いつけるか?

11、コーズマーケティングの新事例?オーガニックコットンのその前の物語「プレオーガニックコットン」
キレイごとではすまない、社会貢献の現場。枠組みという名のものと新しい動きが進みつつあります。

12、コーズマーケティングの良事例!ディノスのECサイトでの取組み事例
ECサイトは人手が直販よりかからない分、差別化が難しいとも言われてます。売り手、買い手、世間の3方がよくなるプランは成り立つのか?

13、アパレル企業のCSR事例?グッチ「Gucci for the Green Carpet Challenge」
世界のDCブランドは、チャリティ商品をちゃんと揃えてます。日本は、そのあたりはテキトーですけどね。

14、ECサイトの可能性はいかに?社会貢献的ビジネスモデル3選
世界のECサイトは先進的。いわゆる、社会起業家がECの領域にチャレンジし始めています。

15、16億円!?イオンのCSR・コーズマーケティング「幸せの黄色いレシートキャンペーン」
イオンの継続性は素晴らしい。他のプロジェクトも実直にしているし、近くにあったらイオンに毎回買い物に行きたいくらい。

16、20億円の寄付に!アサヒビールのCSR・コーズマーケティング事例「うまい!を明日へプロジェクト」
各地方に還元という仕組みは、買い手にとってもわかりやすいです。

17、コーズマーケティングの“不都合な真実”?企業とNPOの共通の悩み3つ
わかりあえそうで、わかりあえない。倦怠の恋人たちのような、企業とNPOの関係についてひと言。

18、今年のまとめ!CSR・コーズマーケティングの事例・記事12選[2012年版]
2012年のコーズマーケティング事例のまとめです。我ながら、よくまとまっていると思います。事例をお探しの方はどうぞ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

コーズマーケティングは、当ブログでも月間数百人が検索からお越し頂く、皆さんの興味が高い(?)キーワードになっています。

企業もNPOもお客様も皆がハッピーになれる仕組みとして、2010年くらいから一気に盛り上がってきた感じがあります。

ただし、売上の数%を寄付にまわすというのは、実際簡単な話ではなりません。

1社あたり4億円以上の支出! 経団連「社会貢献活動実績調査結果2013」」にも書いた通り、経団連登録企業(調査回答があった)3割の企業がコーズマーケティングを実施(もしくは今後行う予定)しているということ。1割くらいかと思ってたのに、結構積極的なんですよね。

ですので、今更差別化戦略としてはうまくないかもしれません。まー、「他社がどうこうではなく我々は実行するんだ!」くらいの気概がないと、インパクトは出せないかもしれませんね。

自社、お客様、社会と皆がハッピーになれる仕組みをどう活用するか。利益率が1%落ちたら泣いちゃう業種は、コーズマーケティングとは違う手法を選択すべきと思いますが、参考までにどうぞ。


サステナビリティ情報開示のことなら、専門家の私たちにご相談ください。


私たちはサステナビリティ情報開示を得意分野とするコンサルティング会社です。国内トップクラスの情報と知識で、成果にこだわったアドバイザリーサービスを行います。サステナビリティ情報開示に課題を抱えるCSR推進担当の方、専門家を探しているサステナビリティレポート制作会社の方、お気軽にお問合せください。

事業概要
お問合せフォーム