CSRコンサルタントが選ぶ、CSR活動事例の良記事10選(2014)

CSR活動事例

CSR活動事例

僕が独断と偏見でピックアップして紹介してきた2014年のCSR活動の事例をまとめて紹介します。

僕が普段、CSRコンサルタントとして様々なCSR担当者やCSR関係者と話をさせていただいたり、最新情報をウェブや書籍などでチェックしたりする時に注目するのは、「オリジナリティ」と「インパクト」です。インパクトは負の面(不祥事)も含みます。反面教師ってヤツです。

どの企業もしていることを、このブログや他のメディアで紹介はできないし、オリジナリティがあっても社会的なインパクトが低そうであれば、紹介する価値はない(やってもやらなくても社会に影響はない)と思ってしまいます。

そんな中でもこの企業の事例はいいな、紹介したいな、というのもあるわけで、そのあたりをまとめてみました。

CSR活動事例10選

1、Yahoo!の期間限定キャンペーン「Links for Good|寄付で、世界を変える。」
Yahoo!は12月を寄付推進月間として、このキャンペーンを始めたとのこと。

2、NECのCSR活動事例「7つの社会価値創造テーマとNECの取り組み」
経営計画がこれだけソーシャルな方向性ってことは、NECとしては、まさに“本業でCSR”の領域に入ってきたのかもしれません。

3、AppleのCSR! 世界エイズデーのコーズマーケティング事例
12月1日の「世界エイズデー」中、Appleの全商品が「(RED)」という社会貢献プロジェクトに、売上の一部を提供したとのこと。

4、GoogleのCSR! イケてるテクノロジーに5,000万円の「Google インパクトチャレンジ」
日本のNPOがテクノロジーを活用して世界を変えるプロジェクトを提案し、5,000 万円の助成金の獲得できるプログラム。

5、マクドナルドのナゲット問題をナゲット食べながら考えてみた
実際に店舗に行って食事をしながら、記事を書きました。滞在は30分くらいだったかな。

6、DeNA(ディー・エヌ・エー)のCSR! 動画再生で社会貢献「命を救うホームラン」
DeNAと、野球チームのDeNAベイスターズとNGOのセーブザチルドレンのコラボレーション・プログラム。

7、トヨタのCSR事例! “効率”を寄付するという考え方
僕が言いたいのは、「企業が社会に貢献する方法は、他にもあるんだよ」ということです。

8、アディダスのCSRコミュニケーション事例! サスティナブル戦略の4本柱
アディダスがCSRに積極的なので、僕のスポーツウェアはほぼすべてアディダスで揃えています。

9、マイクロソフトの新しいワークスタイルの提案「オフィス365(NPO向け)」
マイクロソフトの取材記事です。

10、テレビ東京のCSR活動! 息子介護を追った映画「和ちゃんとオレ」で思った事
テレビ東京のイベント取材記事です。

まとめ

2014年は、素晴らしいCSR活動もたくさん生まれたと思うのですが、大型不祥事(企業、公的機関、個人問わず)もたくさんあった年でしたね。

CSR活動は、リスク(守りのCSR)とオポチュニティ(攻めのCSR)の両方の成立が理想ですが、一番はリスク・マネジメントです。大手ファーストフード、大手教育系企業など、数百億円単位の損失をだしたりとか…ね。あかんでしょ。

上記であげた事例は参考にするとして、2015年はサプライチェーン・マネジメントやCSR調達もしっかり対応し、不祥事など起きないよう、CSR担当者も努力していきましょう。

コンプライアンス対応をコンプラ部門ばかりに任せていないで、CSR担当者も部門間連携をしましょうね。

というわけで、「CSRコンサルタントが選ぶCSR活動事例10選」でした。終わり。

CSR活動の関連記事
フェアトレードの定義とは? フェアトレードが自己矛盾なわけ
ISO26000の「7つの原則・7つの中核主題」は効果的なツールなのか
CSR調達が国際ルールとなる時代-CSR部の社内課題も浮き彫りに

リスクマネジメントの関連記事
CSRでリスクマネジメントはできるのか?「ブラック企業大賞2014」
あの企業もギリギリ!? コンプライアンス違反最新事例と、まとめ記事紹介[2014年]
CSRにおける労働衛生問題とコンプライアンス事例

photo credit via photopin cc


サステナビリティ情報開示のことなら、専門家の私たちにご相談ください。


私たちはサステナビリティ情報開示支援を得意分野とする専門家集団です。
情報開示に課題を抱えるCSR推進担当の方、企業評価向上のための専門家を探しているレポート/ウェブサイト制作会社の方、お気軽にお問合せください。

事業概要
お問合せフォーム