CSRの消費者動向と意識調査も! 博報堂生活総合研究所「生活定点」

博報堂生活総合研究所「生活定点」

先日、書籍執筆をしていた時に、消費者動向のレポートを探していたのですが、こんな資料見つけました。

博報堂生活総合研究所「生活定点」

博報堂生活総合研究所では、1992年から隔年で「生活定点」調査を行っています。同じ条件で設定した調査地域で、同じ状況の調査対象者を毎回新たに抽出。同じ質問を繰り返し投げ掛け、その回答の変化を定点観測している時系列調査です。

生活全般への意識(生活気流、暮らし向きなど)、様々な生活分野の意識・行動(衣、食、住、健康、遊び、学び、働き、家族、恋愛・結婚、交際、贈答、消費、情報、メディア)、社会全般への意識(日本の行方、地球環境、国際化など)といった、生活者のありとあらゆる領域を網羅している。
(同レポートより)

という話だそうで。もちろん、読みましたが、データが膨大過ぎて読み込めてません…。

というわけで、一部だけ抜粋して紹介いたします。

博報堂生活総合研究所「生活定点」

この調査めっちゃ面白いです。まさに個人の生活行動を浮き彫りにするものなのですが、20年分のデータという厚みも素晴らしい。これが無料って…博報堂さんGJすぎます。

CSR・社会貢献につながりそうな項目としては、

消費「環境配慮で買い物意識が変わったもの」
社会意識「国や社会重視派 vs 個人生活重視派」
地球環境「環境の保護意識」、「環境破壊商品 企業の責任 vs 買う方の責任」
心理特性「信じるもの・人の善意」

などでしょうか。

環境保護意識とか面白いですよ。90年代後半からの十数年で、「意識は下がった」のです。

90年後半からエコだとか、企業でも省エネとか言っているわりには、生活者意識のなかではそんな感じらしいです。他の項目との兼ね合いもありますが、興味深い数字です。ちなみに「環境保護実践」という項目でも5%程度の減少です。

その他にも、データトピックスをまとめた資料などもありますので、まずは一度見てみるとよいでしょう。無料だし。

博報堂生活総合研究所「生活定点」

まとめ

いかがでしたでしょうか。

当ブログでも、政府から民間まで様々な機関・団体が出している、CSR・社会貢献に関わるであろう統計調査をまとめています。こちらも合わせてどうぞ。

従業員視点のCSRランキング? 「働きがいのある会社ランキング2013」
1社あたり4億円以上の支出! 経団連「社会貢献活動実績調査結果2013」
大企業のCSR担当者必見! 女性が活躍する企業事例まとめ74社
復興支援事業に取り組む企業のCSR事例113選
93%の若者は社会貢献型の意識高い系なの? 「若者の意識に関する調査2013|厚生労働省」

CSRの範疇ではもはやない? 75兆円を“捨てている”世界の食料廃棄事情
社会貢献が節税対策? 寄付(CSR)が世界で推奨されている理由とは
マーケター必見! 全世代で69%いる“社会貢献消費”を願う人々とは
企業の法人寄付も堅調に伸びた?寄付の方向を示す「米国寄付実態調査2012」
CSR格付け・CSRランキングは、健全なCSR活動を阻害しているかも


価値向上のための情報開示は、私たちにご相談ください。


CSR/サステナビリティ情報開示を専門とし、経営戦略にまで踏み込んだコンサルティング型の支援を行なっています。成果にこだわる情報開示をお望みの方、情報開示のコストの削減/効率化を目指す方、是非「お問い合わせフォーム」よりご相談ください。また、CSR支援会社様の業務パートナーとしてのご相談もお待ちしています。

安藤光展(CSRコンサルタント)プロフィール
情報開示の第三者評価
研修/講演依頼

CSR/サステナビリティに関する勉強会を主宰しています。これからCSR推進活動をする初級担当者、他社担当者と情報交換したい方、組織のCSR評価を一段階上げたい方、などにおすすめです。

日本最大級のCSR担当者コミュニティ「サスネット」