ブラック企業と労働時間の深い関係(日本人限定)

ブラック企業

ブラックなのは労働時間が関係している?

まー、結論から言いましょうか。日本人は生産性が低い。以上。

ブラック企業が存在するのは色々な理由があるのですが、日本の場合の多くは、長く働かないと適正給与に届かないのです。

先日のOECDのデータが面白いので、ちょっとばかし紹介します。

少ない労働時間でも稼げる国たち

総務省の平成24年就業構造基本調査によれば、年間就業日数が200日以上働く人(会社役員を除く)について、週間就業時間60時間以上の人は、全体の11.2%(478万人、男390万人・女88万人)という結果に。

週60時間以上ということは、週5日勤務の1日12時間労働以上となります。現実的に考えれば、朝9時に出社し、退社するのは夜9時以降がほぼ毎日で、場合によっては最終電車(深夜0時前後)の直前まで勤務しているという実態だと推測されます。なんかブラックな香りがするぜ、11%。

トップのオランダは、週のうち29時間が労働時間で、平均所得は47000ドル(約470万円)。政府がワークライフバランスを奨励していることもあり、週4日労働がかなり定着しているとのことだ。2000年に成立した法の下で、労働者は労働時間をパートタイムに減らしても職を維持でき、保険などのメリットも享受できるように保証されているという。
週4日労働が当たり前? オランダが労働時間の短さでトップに – OECD調査

日本ではたらく何人が、週29時間勤務で年収470万円いっているのでしょうか。日本って、男性の平均年収が470万くらいですよね?日本では半分近くの人が月200時間以上(22日稼働で週45時間以上)働いており、倍近く働いて同じ給与水準……。

単純比較できないとはいえ、なんだかやるせなくなります。ところで、芸人の「やるせなす」さんはどこへ行ったのでしょうか。

2位はデンマークとノルウェーで、労働時間は週平均33時間と短い。年間所得はそれぞれ、デンマークが46000ドル(約460万円)、ノルウェーが44000ドル(約440万円)だという。デンマークもワークライフバランスが進んでおり、年間の有給休暇は最低5週間。デンマークは、欧州の国にしては珍しく解雇が簡単だが、政府は失業手当を最大2年間支給するなどサポートが手厚い。

4位はアイルランドで、労働は週34時間が平均、所得は年間51000ドル(510万円)という。アイルランドは労働時間が急速に減り、他の欧州諸国レベルになった国で、1983年には週44時間だったのが30年間で10時間減ったとのことだ。
週4日労働が当たり前? オランダが労働時間の短さでトップに – OECD調査

ふむふむ。政府がワークライフバランスに力を入れているというのも、原因の一つなのか。ふむふむ。ブラック企業の何が問題って、ハラセメントとかもあるけど、残業代が出ないとかのお金の話が多いですよね。先日の厚生省のブラック企業電話相談でも、残業代未払いに関しての話が一番多かったとかなんとか。

まとめ

ビジネスパーソンとしてスキルアップするには、最低限の長時間労働はしょうがない気もします。「10000時間の法則」もあるし。

しかし、誰もがエリートを目指し、スキルアップしていきたいと思っているわけではありません。

高給より重要な指標がある、ワークライフバランスによる労働の適正化を願うビジネスパーソンもいます。従業員に対するCSRってここが重要なポイントなのかもしれませんね。

ブラック企業問題の関連記事
グローバル展開におけるCSR国際基準と国際比較
CSRにおける労働衛生問題とコンプライアンス事例
ブラック企業の皆様お気をつけ下さい。今月は「過重労働重点監督月間」です。
CSRは意味がないのか?ブラック企業が生まれる理由
CSR的優良企業でも、ブラック要素がある→ブラック企業なのか



■  運営勉強会のご案内 ■
・国内最大級のCSR担当者コミュニティ「サステナビリティ・トレンド・ネットワーク」(次回定例会:2020/1/15)
・企業評価と情報開示について学ぶ会員制研究会「サステナビリティ評価研究会」(2020年度参加者募集中)

■  CSR情報開示に課題を感じている担当者様へ ■
・情報開示の「第三者評価プログラム」