みんな社会貢献に興味津々!CSR・社会貢献関連の意識調査12選

社会貢献調査

社会貢献の調査

エビデンスが欲しければ、まずこの記事をブックマークして下さい。

このブログに辿り着くくらいのあなたであれば、社会貢献関連の企画書・資料作成に役立つ情報だと思います。というわけで、社会貢献関連の意識調査のデータをまとめました。

他にもたくさんあるんでしょうが、資料のエビデンスを確保するにはとりあえずOKなくらいの量はあります。

この記事に出会えたあなたはラッキーです(笑)久しぶりのコピペ推奨記事となっております。

追記:2015年3月
消費者意識調査とISO26000/消費者課題からみるCSRの現状
CSR・社会貢献領域の世論・意識調査4選

社会貢献の意識調査

社会貢献意識及び学びに関する実態調査

「社会貢献意識及び学びに関する実態調査」(社会起業大学2012年)

・90.3%が「社会貢献をしたい」と答えた。
・きっかけは、東日本大震災やテレビ・新聞などのマスメディアが大半。
(全国25000人にアンケート調査)

企業の社会貢献に対する意識調査

日経MJが全国の男女約4000人を対象に行った企業の社会貢献に対する意識調査(2012年1月1日発行の同紙に掲載)によれば、「社会貢献と収益を両立するビジネスモデルを構築すべき」と考えるビジネスパーソンが40.2%、「企業は社会貢献を通じて企業価値の向上を図るべき」が16.5%となり、合わせて56.7%を占めることがわかった。これに対し、「企業は採算を度外視しても社会貢献活動に取り組むべきだ」という人はわずか3.1%に過ぎない。

・93.5%…企業は社会貢献活動に取組むべき
・40.0%…商品を購入する際、社会貢献につながるブランドや商品であることを意識する

コーズマーケティング関連

米国での調査(Cone LLCの2010年調査)

・88%の消費者が、企業がそのマーケティングにおいて、コーズや社会問題にかかわることを良いことだと考えている
・85%の消費者が、自分たちが関心あるコーズを支持している商品や企業に対してより良いイメージを抱いている
・40%の消費者がコーズに関連しているという理由で特定商品を購買している

その他

社会貢献活動実績調査結果|経団連(2012年)

・The Social Overview第2弾|インテージ(2012年)

社会意識に関する世論調査|内閣府(2012年)

・社会貢献活動に関する調査|NTTアド(2011年)

社会貢献に関する生活者意識調査|電通総研(2010年・PDF)

ネット世代の景気と社会貢献に関する意識調査|SANYO・AMN(2009年)

※追記

CSR関連

CSRに関する意識調査|経済広報センター(2013年・PDF)

CSR経営動向調査2011|日本総研(2012年)

グローバル時代のCSR|経済同友会(2011年・PDF)

まとめ

その他のボリュームが多いですね…。すません。

母数が大きい調査もあるし、複数の調査を参考にすることで見えてくるものもあると思います。あなたが作る、企画書やプレゼン資料などのエビデンスとして、上記の調査結果を使えば、資料の信頼感アップ間違いなしでっす!

関連記事
意識高い系”な消費者が急増中! CSR活動をポジティブと感じる95%の消費者とは
情報開示は誰のため?投資家を意識したCSR情報を開示している企業が54%という件
63%だけなの?CSRとしての「経営活動と環境配慮行動を統合した戦略的な対応」

Image by PHOTO PIN


執筆者安藤光展/CSRコンサルタント
1981年長野県生まれ。CSR/SDGs経営の専門家。著書は『創発型責任経営-新しいつながりの経営モデル』(日本経済新聞出版社、共著)ほか多数。日本最大級のCSR担当者コミュニティ「サスネット」主宰。

戦略的なCSR情報開示をお求めなら、私にご相談ください。


CSR/サステナビリティ情報開示を専門分野とし、経営戦略まで踏み込んだコンサル型の開示支援を行なっています。成果にこだわる情報開示をお望みの方、良いCSR報告書・CSRウェブサイトの制作会社がいないとお困りの方は、是非ご相談ください。

安藤光展のプロフィール
CSR情報開示の「第三者評価プログラム」

CSR/サステナビリティに関する勉強会・研究会を主催しています。これからCSR推進活動をする初級担当者、他社担当者と情報交換したい方、組織のCSR評価を一段階上げたい方、などにおすすめです。

日本最大級のCSR担当者コミュニティ「サスネット」
企業評価および情報開示を学ぶ会員制勉強会「サステナビリティ評価研究会」