|カテゴリ:CSR本/書籍 , コンプライアンス/ガバナンス

CSR経営の本質を学べる本「実践ガバナンス経営」(海永修司)

ガバナンス経営 最近のCSRは、5年前と比べても内包する意味合いが格段に広くなっています。 それこそ極論ですが、10年前は「環境」「社会貢献」のカテゴリー対応をしていればCSR先進企業だったわけです。 それがいまや、環境 … 続きを読む CSR経営の本質を学べる本「実践ガバナンス経営」(海永修司)

|カテゴリ:CSR本/書籍 , 環境/気候変動問題

CSRのトレンド確認にもなる「環境・CSRキーワード事典」(日経エコロジー)

環境とCSRのキーワード 今回の読書メモは「環境・CSRキーワード事典」(日経エコロジー編、日経BP社)です。 CSRは専門用語が多く(一般生活者の日常会話に出てくる単語はほとんどない)、カタカナも多いのでよくわかりませ … 続きを読む CSRのトレンド確認にもなる「環境・CSRキーワード事典」(日経エコロジー)

|カテゴリ:CSR本/書籍 , 調査統計/企業評価

消費者の社会性も数値化された本「なぜ、日本人は考えずにモノを買いたいのか」

根強くいるエシカル消費層 今回の読書メモは「なぜ、日本人は考えずにモノを買いたいのか」(野村総合研究所、東洋経済新報社)です。 3年前の前作は「マーケター必見! 全世代で69%いる“社会貢献消費”を願う人々とは」という記 … 続きを読む 消費者の社会性も数値化された本「なぜ、日本人は考えずにモノを買いたいのか」

|カテゴリ:CSRマーケティング , CSR本/書籍

経済と社会的責任の関係を学べる本「資本主義に希望はある」(フィリップコトラー)

マーケティングの功と罪 前からですが“近代マーケティングの父”と呼ばれるフィリップ・コトラー氏は社会的責任に関して、色々提言をしているんですよ。 というわけで、今回の読書メモは「資本主義に希望はある-私たちが直視すべき1 … 続きを読む 経済と社会的責任の関係を学べる本「資本主義に希望はある」(フィリップコトラー)