|カテゴリ:ダイバーシティ/多様性 , 人権・労働慣行/ブラック企業

企業の障害者対応が“感動ポルノ”へ-事例からみる実態とは

企業の障害者対応 企業の障害者雇用に過度なメリットを期待するのは、良い悪い? 企業の障害者対応となると、CSR的には法定雇用の「就労支援」のような動きがメインかと思います。QOL(生活の質)向上などの活動は、CSRという … 続きを読む 企業の障害者対応が“感動ポルノ”へ-事例からみる実態とは

|カテゴリ:その他

[お知らせ](一社)CSRコミュニケーション協会を設立しました

CSRコミュニケーション協会 昨年より準備していた、私・安藤光展を代表理事とする「一般社団法人 CSRコミュニケーション協会」(以下、当協会)を、本日8月22日に設立いたしました。 ■CSRコミュニケーション協会 「CS … 続きを読む [お知らせ](一社)CSRコミュニケーション協会を設立しました

|カテゴリ:その他

[お知らせ]企業価値を高めるCSRコミュニケーションセミナー(9月1日、無料)

セミナー案内 近年、企業のCSR活動はますます注目されて、CSR報告書を発行する企業は増加しています。しかし、「成果を出せているCSR報告書」を発行できている企業はどれくらいあるでしょうか。 そこで、本セミナーでは第1部 … 続きを読む [お知らせ]企業価値を高めるCSRコミュニケーションセミナー(9月1日、無料)

|カテゴリ:消費者課題 , 調査統計/企業評価

消費者との“溝”をCSRは橋渡する–72%の社会的責任を意識する消費者

ステークホルダーとは誰か CSRコミュニケーションに関する仕事をさせてもらっていることもあり、BtoB企業でもBtoC企業でも「ステークホルダーの特定」(≒バウンダリ特定)の支援業務をさせていただいています。 で結論から … 続きを読む 消費者との“溝”をCSRは橋渡する–72%の社会的責任を意識する消費者