|カテゴリ:CSR本/書籍 , 社会貢献

食がつなぐ地域コミュニティの話「復興ごはん」(味の素グループ)

復興ごはん 今回の読書メモは、「復興ごはん」(味の素グループ 東北応援 ふれあいの赤いエプロンプロジェクト、小学館)です。 献本いただき読ませていただきました。正直、この手の本は買おうと思ったことは一度もありませんでした … 続きを読む 食がつなぐ地域コミュニティの話「復興ごはん」(味の素グループ)

|カテゴリ:フレームワーク , 社会貢献

御社のCSR活動は“善意の押しつけ”になっていませんか?

CSR活動の善意が迷惑行為? CSR活動でも「善意の押しつけ」をしている企業ありますよね。自己満足のためのCSR活動は、時に“弱者への暴力”になります。 たとえば。大規模な自然災害が起きて、善意によって食品会社が食料品物 … 続きを読む 御社のCSR活動は“善意の押しつけ”になっていませんか?

|カテゴリ:CSR/ESG/SRI投資 , 調査統計/企業評価

新基準により構成銘柄の採用/除外が活発になった「FTSE4Good」(2016)

2016年前半のFTSE4Good 先日、「FTSE Russel」(日本語)より、2016年前半の著名SRI/ESG投資インデックス「FTSE4Good」についてリリースが出ていたので紹介します。ここは半期に1度組み替 … 続きを読む 新基準により構成銘柄の採用/除外が活発になった「FTSE4Good」(2016)

|カテゴリ:CSRコミュニケーション , CSR報告書/統合報告書

統合報告書/IIRCに関する意識調査2事例(2016)

統合報告書に関する調査 6月に入り「2015年12月期末」や「2016年3月期末」の企業の統合報告書/CSR報告書が続々と発表されています。 2015年が200社程度が統合報告書を発行したとされており、今年は東証1部・2 … 続きを読む 統合報告書/IIRCに関する意識調査2事例(2016)

|カテゴリ:CSRコミュニケーション , エンゲージメント

就活生に求められるCSR情報–開示量が評価の分かれ目か

CSRと就職活動 2016年は、6月1日から解禁(実質的な議論は別として)となりました。 「ブラック企業」が2013年に流行語大賞にノミネートされ、トップ10に入賞したころから、企業の従業員に関する情報開示のプレッシャー … 続きを読む 就活生に求められるCSR情報–開示量が評価の分かれ目か