これぞCSRのバイブル!利潤と道徳を調和させる「論語と算盤」

利潤と道徳を調和させる、という考え方

現代語訳「論語と算盤」(渋沢栄一、守屋 淳=訳、ちくま新書)を読んだので雑感を。

結論から言うと、CSRの最大のバイブルは「論語」である、という考えはやっぱり正しいと再認識したということ。

以下に気になる文をピックアップし、コメントを加えていきます。詳細が知りたい人は買って読んでみて下さいね。

日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とは何か。「利潤と道徳を調和させる」という、経済人がなすべき道を示した「論語と算盤」は、すべての日本人が帰るべき原点である。明治期に資本主義の本質を見抜き、約470社もの会社設立を成功させた彼の言葉は、指針の失われた現代にこそ響く。経営、労働、人材育成の核心をつく経営哲学は色あせず、未来を生きる知恵に満ちている。
(解説文より)

道徳とは、そもそも何か

もともとこの道徳というものをあまりむずかしく考えてしまい、東洋の道徳でよく見られるように、格式ばった文字を並べ立てていると、道徳が茶の湯の儀式のような形骸化に陥りかねなくなる。一種の唱え言葉になって、道徳を説く人と、道徳を行う人とが別になってしまうのだ。
(—第7章より引用—)

この文の後にも、「道徳は日常の中にあるべきである」という考え方が続く。

まさにその通りで、CSRなどに関しても、あまりに「CSRとはなんぞや」ということを追求しすぎて、日常的(実践的)ではなくなってしまうということはあると思う。

ちなみに「道徳」という語の捉え方は様々あると思いますが、倫理とは別のものと考えた方がよいと思う。

道徳的な考え方を、個人ではロハスだエコだとか、企業ではエシカルだ、ソーシャルだというカタカナで置き換えてしまうことは、理解の妨げになりかねない。

事業と武士道

武士道とは実業道である。

・正義 ー 皆が認めた正しさ
・廉直(れんちょく) ー 心がきれいでまっすぐなこと
・義侠(ぎきょう) ー 弱気を助ける心意気
・敢為(かんい) ー 困難に負けない意志
・礼譲 ー 礼儀と譲り合い
(第8章より引用)

渋沢栄一氏のいう武士道の考え方は、CSRにおける心構えそのものであると思う。

CSRの心構えでいえば、商家の家訓もあるが、あくまでも家訓であり、企業のような多様な文化が集まる組織では、フォーカスするところが弱いというか浅くなることもある。

倫理について

渋沢栄一氏は、「倫理」についても言及している。

“品性を磨け”という倫理は欧米で主たる宗教から派生する学問であり、日本人の心情とは一致し難い部分がある、と。僕も同感。エシカルだなんだ、というが、“倫理”を本当に理解し、エシカルという語を使っている人がどれだけいるのだろうか。

日本は儒教・仏教の影響が大きく、欧米の主たる宗教から出てきた、文化・習慣のすべてがあてはまるとはいえない。

まぁ、エシカルという考え方が悪いというわけではないので、それはそれで広がって欲しいとは思ってます。

論語の道徳観

論語での重要な考え方も、本書では解説されてますね。

・仁 ー 物事をすこやかに育む
・義 ー みんなのために考える
・礼 ー 礼儀を身につける
・智 ー 物事の内実を見通す
・信 ー 信頼される

この考え方は、現代CSRにも応用できると思います。

しかし、本質的すぎて、なかなか実践できず…。そこはふんばり所だということですね。

まとめ

内容は非常に難しいですが、現代語訳だけあって、言葉は現代風にアレンジされており、非常に読みやすいものでした。

随分まえに読んだままになっていましたが、今更ながらアップしてみました。

やはり、日本においては、CSRのバイブルは「論語」ですよね。

関連記事
CSRの本はどれ読んだらいいの?という人にオススメな参考図書14冊
社会貢献や“勝ち負け”だけはない企業倫理「三方よし」
CSR哲学をトップの“座右の書”で語る「人間会議2013年夏号(宣伝会議)」



専門家による第三者評価は、私にご相談ください。


CSR/SDGs経営およびサステナビリティ情報開示を専門とし、企業価値向上にこだわった実務支援や第三者評価を行なっています。また、CSR推進支援会社様の業務パートナーとしてのご相談も常時お待ちしています。

プロフィール/事業概要
実績紹介
第三者評価