マジでクリエイティブな、CSR広告 / 社会派広告の事例・記事まとめ15選[2012年版]

社会派広告

CSRにおけるクリエイティブ

あなたは、CSRに関しての情報発信で迷ったことはありませんか?

今回は、「CSR広告 / 社会派広告まとめ」です。
今年の話題になったり、学びのある良記事をご紹介。

CSR広告も社会派広告も、ターゲットの行動を促すものです。
そんな観点で様々なクリエイティブ事例をチェックしてみて下さいね。

CSR広告 / 社会派広告

CSR系クリエイティブ

CSR広告
グッドデザイン賞2012を受賞したCSR活動まとめ
サムソン、トヨタ、ワイスワイスなどの事例紹介です。

消費者のためになった広告コンクール2012受賞作品の社会派広告まとめ
Google、味の素、日本放送などの事例紹介です。

突き抜けすぎて、もはやよく発音できない!CSRキャンペーンの「トートートトト」
TOTOとtotoのコラボCSRアクションの事例。

社会的課題解決は“アイディア”でする!VWの画期的CSRコンテスト「The Fun Theory」
課題のソリューションにフォーカスしたアイディアが光っています。

フォルクスワーゲンのCSR広告から学ぶ、CSRコミュニケーション
雑誌広告を使ったユニークなプロモーションの事例。

カメラは心の目で、見て、触って、撮る。「Samsung Camera – INsight」
カメラは目で見えたものを撮るだけではない。

あっ危ない!と思ってしまう、リアルすぎる社会派広告「TOYOTA – Protect What’s Behind You」
「体験」の重要性を感じます。

まとめのまとめ

CSR広告
海外で”Like!”され過ぎな天才的広告まとめ
NGOのクリエイティブを中心に紹介されています。
企業のクリエイティブは、NGOのクリエイティブには勝てないのか?

「広める価値ある広告」 – TED2012が発表
特に社会派広告を集めたわけじゃないのに、
その割合が多くなっています。

NGO系クリエイティブ

社会派広告
それでも、花は咲いた。UNICEFの社会派広告「ハッピーバーズデイ3.11」
ユニセフのクリエイティブ。あの日のアナザー・ストーリーです。

クリエイティブで社会問題を訴求!社会派広告ポスター10選
どの広告ポスターも、深く印象に残るビジュアルと、メッセージです。

日常のモノを少し変えたクリエイティブ。視点が鋭いユニセフの社会派広告「World Food Day」
「日常に非日常の緊張感を持ち込む」クリエイティブ。

真似したくなるほど秀逸!クリエイティブなNPOのキャンペーン記事5選
クリエイティブな、コミュニケーション・キャンペーンとは何か。

めっちゃクリエイティブやん!という社会派広告5選
メッセージから、受け手側の行動をデザインする、力強さを。

そもそもCSR広告/社会派広告とは何か

CSR広告とは、
「企業の文化・理念・製品/サービスについて、社会風土を踏まえて表現し、
本業における社会的意義の訴求、社会的課題の啓発をする広告」
でなければならないと考えています。

そして、社会派広告というのは、通常の広告訴求フローと異なるのです。

「関心→購買」が通常の広告だとすると、
社会派広告は「関心→行動」というポイントになります。

前提として、社会派広告(CSR広告)は、
見過ごされてきた問題を認識してもらい、
課題解決へ向けて動いてもらいたいという趣旨があります。
問題を問題として認識しなければ、そもそも課題は解決しえないのです。

社会派広告のメッセージというのは、企業一つの問題ではなく、
より多くの人が関わる社会全体の問題を扱います。

そういった観点から言えば、もはや、
現代の意味における”広告”という単語は似合わないかもしれませんね。

また、広告とは、企業・団体の、
想いとか信念とか、無形のものの可視化でもあると考えています。

必読:CSR広告の本質はどこに?CSR広告制作における3つのマスターピース

まとめ

いかがでしたでしょうか。

海外NGOのクリエイティブの事例は、
日本企業ではマネしにくいとも言われます。

日本と海外では、文化などの文脈がことなるから、というのも一つです。
でも、だからこそ言わせていただきたい。

「わかっているけど、できないんだよなぁ」って言い訳やめましょうよ。

ひたすらコンセプトにエッジをかけていきましょうよ。

2013年こそは、CSRに関するクリエイティブ、
つまり、キャンペーンや広告、ウェブサイトなどを、
妥協せずコンセプトを作って、
あなたから世界に発信していきましょう!

必読:CSR広告制作における3つのポイント



■  運営勉強会のご案内 ■
・国内最大級のCSR担当者コミュニティ「サステナビリティ・トレンド・ネットワーク」(次回定例会:2020/1/15)
・企業評価と情報開示について学ぶ会員制研究会「サステナビリティ評価研究会」