パーパスドリブンなサステナビリティ戦略と実践例

パーパスドリブン

パーパスドリブンなサステナビリティ戦略 サステナビリティ界隈では、昔からミッション・ビジョン・バリューなどの理念体系が重要だと言われていました。 社会やテクノロジーそして社長を含む自社従業員も時が経てば変わりますが、理念 …

パーパスとCSR/ESG経営はブランドでつながっている

パーパスCSR/ESG

パーパスとCSR/ESG 昨今、ESG分野(金融・投資家)でもCSR/サステナビリティ分野でも、パーパスという単語をよく聞くようになりました。主には統合報告書制作の現場あたりかと思いますが、改めてその重要性の認知が進んで …

パーパスが変えるサステナビリティ経営戦略

サステナビリティパーパス

パーパスが変えるサステナビリティ パーパス。サステナビリティ分野でもよく聞くようになりました。パーパスの価値に多くの人が気付き、統合報告あたりでも開示が増えている印象です。 ここでいうパーパスとは、存在意義・志・大義名分 …

CSR/サステナビリティにおけるブランドとパーパスの立ち位置

CSRとパーパスの問題 先日もまとめましたが、CSR/サステナビリティのカテゴリでは「パーパス」という概念がよく取り上げられるようになりました。パーパスとは“目的”というより“存在意義”というようなニュアンスで使われてい …