被災地のコンテクストまで共有する動画「チャリティホワイト」

チャリティホワイト

ソフトバンクのCSR活動

先日、ソフトバンクのCSRの中の人からご連絡をいただいたのですが、「ソフトバンクグループ CSRレポート2014」ができたということです。

ソフトバンクの取材記事「ソフトバンクのキーパーソンが仕掛ける、次なる一手「かざして募金」」を7月に書きましたが、個人的にソフトバンクのCSR活動には注目をしております。

というわけで今回は、そのCSR報告書にも載っている「チャリティホワイト」の動画を紹介します。

チャリティホワイトとは、東日本大震災の被災地に対する継続的な支援のため、ソフトバンクでは月々の利用料金と­­合わせて寄付ができるプランの名称です。

チャリティホワイト「子どもたちのために、ありがとう」篇

チャリティホワイト特設サイト

この動画の内容もグッとくるのですが、僕が注目するのは、インタラクティブなコミュニケーションです。

多くのNPOなどの場合は、もらった寄付金の合計やプロセスをオープンにはしません。(厳密にはしてるけど、活動報告書なんて誰も見ないから誰も知らない)

ソフトバンクは、もらった金額をオープンにしているし、寄付した結果、現地でどのように寄付金が使われているのか映像で伝えています。

インプット(寄付金額)→アウトプット(団体支援)→アウトカム(団体の実際の活動)がうまく表現できてますね。

CSR系の動画では、一方的な発信が多いんですよね。自分たちの言いたい事言って終わりみたいな。そうではなくて、継続的なプログラムであれば、少なからず、現地のフィードバックをすべきだと思うんです。

てか、しろよ。テメーの独り言に興味ねぇんだよ。っていう感じです。

近々、記事にしようと思っているのですが、もっとコンテクスト(文脈・背景)をコミュニケーションに組み込むべきと、最近考えています。

フレームワーク化して、皆さんにも使える形で提供させていただきますので、そちら少々お待ちを。(有料で提供しているサービスなので本当はしたくないけど)

なんか散漫になってしまいましたが、言いたかった事はコミュニケーションって双方向が重要だよねってことです。当たり前ですが、意外にできない所なので、改めて。

動画の関連記事
パタゴニアのCSR動画「オーガニックコットン100%」
AppleのCSR、クック氏はダイバーシティの現状に満足せず
H&M、アディダス、ハイネケンのCSR解説動画3選



■  勉強会のご案内 ■
・日本最大級のCSR担当者コミュニティ「サスネット」(次回定例会:2020年4月22日)

■  CSR情報開示に閉塞感を感じている担当者様へ ■
・情報開示の「第三者評価プログラム」