社会貢献・CSR的総合企業ランキング「NICES(ナイセス)」(2013)

社会貢献・CSR的総合企業ランキング「NICES 2013」

日本経済新聞社は総合企業ランキング「NICES」の今年度版を発表しました。

ちなみに去年のCSR関係ランキングのデータは「CSR担当者必見!CSRランキング・アワード19選[2012年版]」の記事をご確認下さい。

働きやすさや社会貢献度など指標とする、総合企業ランキングNICES。今年のランキング概要を確認してみましょう!

ソースは、「日経電子版」と、「日経リサーチ」です。

社会貢献・CSR的総合企業ランキング

NICESトップ10

1、セブン&アイHD
2、トヨタ自動車
3、日産自動車
4、NTTドコモ
5、東レ
6、キリンHD
6、ホンダ
8、イオン
9、味の素
9、ダイキン工業
9、日立製作所

コメント

業績、働きやすさ、社会貢献、成長性など総合的な観点で上場企業を評価する方式で、人材活用に優れた企業が上位に入ったようです。

NICESは株式時価総額の増減などで「投資家」、認知度といった「消費者・取引先」、人材活用の「従業員」、環境対策など「社会」、成長性を測る「潜在力」の5項目をランキングし、合計で総合順位を決めたとのこと。

この手の総合企業ランキングでは、社会貢献が評価の大きな柱になっていますね。ここ数年の傾向であるので、来年もそのまま継続していくでしょうね。

僕は、2014年のCSRのトレンドは人材活用(社内・社外問わず)つまり、HR(ヒューマン・リソース)の分野が来ると思います。まぁ、実際、もう来てますけど。

Yahoo!ニュースで「祝・流行語大賞! 「ブラック企業」が採用困難になる時代へ」という記事も書きましたが、なんといっても、2013年の流行語は「ブラック企業」ですからね。

このあたりの記事「ブラック企業問題は人権問題? 課題解決のためのラギー・フレームワーク「ビジネスと人権に関する指導原則」」も参考になるでしょう。

社内でも社外でも、人にフォーカスがあたることは間違いないです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

CSR関連の企業ランキングの仕組みは、去年より変わっていない印象があります。

この手のCSRランキングを紹介すると、どうやったらこれらのランキング上位に行けるのか?という質問をもらうことはあります。

「なんで僕に聞くねん」と思いながらも、色々アドバイスをさせていただくことがあります。

結論、ランキング狙いのCSRなどは継続しないし、経営結果に結びつけにくいので参考程度に考えて、まず来年は「人材」というポイントに注目してみるのもよいかもしれませんね。


サステナビリティ情報開示のことなら、専門家の私たちにご相談ください。


私たちはサステナビリティ情報開示を得意分野とするコンサルティング会社です。国内トップクラスの情報と知識で、成果にこだわったアドバイザリーサービスを行います。サステナビリティ情報開示に課題を抱えるCSR推進担当の方、専門家を探しているサステナビリティレポート制作会社の方、お気軽にお問合せください。

事業概要
お問合せフォーム