スタバのCSR事例! 実用的な「震災復興支援 スターバックス カード プログラム」

震災復興支援 スターバックス カード プログラム

コーヒーショップチェーンのスターバックスで「震災復興支援 スターバックス カード プログラム」が9月2日からスタートするそうです。

震災復興支援 スターバックス カード プログラム

今回のプログラムの寄付先は、「公益財団法人みちのく未来基金」だそうです。

できたら、「なぜこの団体を寄付先に選んだのか」の解説があるともっとストーリーに深みがでるのですが……もったいない。

スターバックスのCSR

スターバックスは東日本大震災によって遺児となった子どもたちの高等教育進学の夢を今年も支援します。

スターバックス カードを介したこのプログラムは、「全国の店舗でお客様と一緒に取り組めることはないだろうか」「全国に店舗があることを活かして伝えられることはないだろうか」「被災地から遠く離れていても、復興へ踏み出している誰かを応援したい、と想ってくださるお客様の声に応える取り組みはできないだろうか」

そんな想いから昨年開始しました。昨年度は、たくさんのお客様にご賛同いただき、19,426,600円を公益財団法人みちのく未来基金に寄附することができました。
プログラム概要

カードのデザインもかわいらしいキュートなデザインになっております。このデザインは南米アンデス地方に伝わる民話「ハチドリのひとしずく」をイメージしているそうです。

毎日楽しむ1杯のカップからでもできることがある。このデザインは南米アンデス地方に伝わる民話「ハチドリのひとしずく」をイメージしています。山火事で燃えている森に一滴ずつ水を運んで火を消そうとするハチドリの姿を描いた小さな力の大切さを教えてくれるお話です。
小さな想いが積み重なれば大きな力になる。2年目を迎え、小さな想いの輪が広がっていく様子を表現しています。
プログラム概要

ここもぜひ、なぜ、ハチドリなのか詳しい説明が欲しいです。スタバ=ハチドリというのは、僕が知らないだけなのかな?

もちろん、「コーヒー1杯」と「ハチドリの1滴」が比喩になっているのはわかりますが、山火事はどう考えても水一滴では消えないでしょ…。それは天の邪鬼な考えなので、こんなもんなのかもしれませんね。

参加方法

この震災復興支援カードの発行期間は、 2013年9月2日(月)~10月31日(木)まで。寄附対象期間は、2013年9月2日(月)~12月25日(水)までとなっております。

Q&Aもありますので、気になる人はサイトでチェックしてみて下さい。

参加方法

まとめ

いかがでしたでしょうか。

スタバは、僕もよく使いますので、このカードを購入しようと思います。

スタバの今までの支援活動は以下のページから確認できます。
これまでの支援活動

スタバのCSR活動全体についてはこちらからどうぞ。
CSRについて

去年同時期にも同様のプログラムを展開していたようです。継続的に取り組むのは素晴らしいことです。認知拡大には継続が必須ですから。

このくらいのコンテンツ・ボリューム(数ページ)でも、特設ページがあるといいですね。他の活動とごっちゃにならないしね。

あなたの会社では、2011年、2012年と取り組んだ復興支援プログラムはありますか?小さくてもいいので、ぜひ、今年もチャレンジしてみませんか?

関連記事
GAPのCSR事例! クーポン付きで“三方よし”な「デニムリサイクルプロジェクト」
カゴメのCSR事例! スポーツと健康食品のコラボ「リジェネレーション・チャレンジ・プロジェクト」
日テレ24時間テレビから学ぶ、出演者ギャラ問題と説明責任問題



サステナビリティ情報開示のことなら、専門家の私たちにご相談ください。


情報開示に課題を抱えるCSR推進担当の方、企業評価向上のための専門家を探しているレポート/ウェブサイト制作会社の方、お気軽にお問合せください。

事業概要
お問合せフォーム