最新のSDGsのアンケート/ランキング/企業動向調査10選

SDGs調査

SDGs関連調査の調査

私は「SDGs関連の様々な調査」を日々調査していますが、事例がたまってきたので紹介したいと思います。

これらのSDGsに関する各種調査を紹介します。もちろん、CSR/ESG/CSV/サステナビリティ全般とも関連する部分もあるので、企業の担当者はもちろん、支援会社の方も(ブログ読者はこちらの人たちのほうが多いかな)、ぜひチェックしてみてください。

結論からすると、月並みなコンセプトの調査が多いものの、企業価値に言及しているレポートもあり、とりあえず時間が許す限り、見てみましょう、というところでしょうか。文末の関連記事でも、その他の調査を紹介しているので、こちらもご興味があればぜひ。

SDGs関連調査

SDGs達成度ランキング

ランキングの上位を占めたのは北欧諸国だ。1-10位にはスウェーデン、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ノルウェー、オーストリア、チェコ共和国、オランダ、エストニアが入った。
世界のSDGs達成度ランキング、日本は17位 格差是正の取り組み後退

SDGsに関するアンケート調査

・SDGsを「知らない」とした回答者は7割を超えた。また、それを「知っている」とした回答者のうちの4人に1人が、「言葉を聞いたことがある」程度である。
・回答者の半数以上がSDGsは「理想的な目標であることはわかるけど、現実には難しい事ばかりだと思う」としており、加えて、7割超が、SDGsのアイコン・カラーホイールを「見たことがない」とした。
・一方で、本調査では、企業のSDGsへの取り組みは、その採用活動、マーケティングへのポジティブな効果が得られる可能性も示した。
・本調査の回答者はSDGsの考えを拒絶しているわけではなく、SDGsの目標に対し、またそれに取り組む企業に共感する姿勢も持っている。
SDGsに関するアンケート調査結果~ 企業のSDGs取組みへの一助として ~

社会的課題に関する生活者意識調査

・さらに、コロナに直接関連しないものも含めると、実にさまざまなアイデアが出ており、生活者の間では、SDGsとの関連性が 高い「社会に役立つアイデア」があふれている。
・SDGsをこれまで知っていた人も、知らなかった人も、「社会に役に立つ」ことを少し意識するだけで、いろいろなアイデアが 生まれてくる。図らずも、コロナが一人ひとりにとって「社会的課題」を考える機会となったようだが、これは企業にとっても 生活者とともにSDGsを進めるまたとないチャンスにあるともいえる。
社会的課題に関する生活者意識調査結果(前編)
生活者発想からのSDGsシーズ

SDGsの重点項目

・SDGsの用語を聞いたことがある人も含めると、認知率は46.7%と、約半分にとどまった。一方、上場企業に勤めている方のうち、57.4%と、全体の6割弱という結果だった。
・非上場企業に勤めている人については36.0%と、上場企業に勤めている人での認知度と比較すると20.4ポイントも低い割合となっている。まだSDGsの用語自体知らない、という方も多いことがわかった。
上場企業と非上場企業で異なるSDGsの重点項目、上場企業のトップは「気候変動に具体的な対策を」、非上場企業は?

意識調査

関連する言葉の意味をどのくらい理解しているのかを「エシカル消費」「SDGs」「ESG投資」「サステナビリティ」「廃プラスチック問題」「フードロス(食品ロス)」について聞いたところ、「内容まで詳細に知っている」「内容をある程度知っている」との回答が多い上位から、「フードロス」(74.3%)、「廃プラスチック」(62.0%)、「サステナビリティ」(18.2%)、「SDGs」(14.6%)、「「ESG投資」(7.2%)、エシカル消費」(5.4%)との結果となった。
エコやSDGsを意識していると思う企業ランキング、3位イオン、2位サントリー、1位は?

認知度調査

2020年5月現在のSDGsの認知度は約33.7%。言葉は聞いたことはあるが内容はよくわからないという人が20.8%、存在すら知らない人は45.4%と、まだ内容まで認知している人の方が少ないという結果に。しかし、2020年1月時点のアンケート結果によるSDGsの認知度19.3%、存在を知らない人65.3%、という結果と比べると、割合としては徐々に浸透してきていることがうかがえる。
2020年1月~5月でSDGs認知度は約14%向上。「SDGsって知ってる?」オズモール会員20~49歳の働く女性にアンケート

投資意欲度ランキング

・投資意欲度の上位ランキングは、次の表のとおり。トヨタ自動車(28.1点)、パナソニック(26.1点)、サントリー(25.2点)、アサヒビール(25.1点)、ヤクルト(24.8点)の順となっている。
・1位がキユーピー(57.4点)。次いで、イオン(55.6点)、トヨタ自動車(55.0点)、花王(52.8点)、味の素AGF(51.1点)、味の素(50.9点)、本田技研(50.0点)という順となった。
SDGs|投資家による投資意欲度ランキング、1位はキユーピー

CSR研究会 報告書

SDGs達成への企業の貢献に対して社会の期待が高まる中、企業活動におけるSDGsを始めとする社会課題解決への貢献による価値創出について、基本的な概念を整理する枠組みを提示するとともに、企業の活動成果の評価を行ってステークホルダーに開示し対話を行うための課題と方向性について調査分析し、世の中に発信する。
令和元年度 CSR研究会 報告書「SDGs達成へ向けた企業が創出する『社会の価値』への期待」に関する調査研究

エアトリ調査

「サステナブルな社会」を実現させるために国連サミットでは「持続可能な開発目標」を指す“SDGs”を採択しました。“SDGs”についての認知を聞いたところ、「内容も知っている」が31.5%、「聞いたことはあるが、内容は知らない」が26.8%と、「サステナブル」よりは若干劣ったものの、“SDGs”についても過半数が「聞いたことがある」と回答しました。
日本が推し進めるべきだと思うSDGs1位は「すべての人に健康と福祉を」 “環境問題”への意識の高さが窺えた一方で、 “ダイバーシティ”への関心は低くなる結果に。 ~エアトリが「SDGs」に関するアンケート調査を実施~

IR活動の実態調査

・情報開示や対話が進展したとの認識が、企業側にも醸成
・非財務情報の開示や投資家との対話は前向きに、IR部門の社内連携に課題も
第27回「IR活動の実態調査」

SDGsのその先

「世界のSDGs達成度ランキング」でみると、日本は年々順位が下がっているようですが、各種SDGs調査をみると、認知度は伸びており、ここからどこまで推進できるか、というフェーズにいると思います。2020年代の10年は“行動の10年”と呼ばれることもあり、認知度の高まりをどのように行動に変換できるのか、で本当のSDGs達成度が見えてくるでしょう。

しかし、大手企業は相変わらず、マッピングや戦略策定ばかりで、具体的な行動を生み出すことがあまりなく、その点は残念に思います。ここからの10年に期待ですね。本当に成果を考えるならば、現実的には、個人とか中小企業ではどうしよもなく、国内最大手の企業群(東証一部)である大手企業が、本気でSDGs推進をしないと、日本として成果を生み出すことはできません。ここがどうなるかですね。

というのも、そもそもESGもSDGsも国連発のコンセプトです。つまり、グローバル視点での対応や情報開示が求められるものです。そのため、基本的に、イシューベースのローカライズは非常に難しいのです。だから、日本企業は169のターゲットや230以上のインジケーターのマッピングや、KGI/KPI化をほとんどしていないのです。怠慢もありますが、そもそも難易度が高すぎるのですなのです。もちろん、では仕入と売上がほぼ国内の企業は、SDGsはタッチしなくてよいかというと、そうとは言わないのですが、そのまま対応させることはほぼ不可能ですよと。

調査をみていると、色々思うところはあるわけですが、そもそも、御社ってSDGs達成のために作られた会社組織ではないですよね。だったら、2030年以降も会社は続いていくので、SDGsをきっかけに2030年以降も見据えた事業展開を検討すべきだし、その過程で実際にSDGsにも貢献していくというのがセオリーでしょう。

まとめ

今回紹介した調査は、SDGsに特化したものから、調査項目の一つにSDGsをいれているものから様々です。今後も確認できしだい、皆様にお伝えできればと思います。

あとは、傾向というほど顕著ではないですが、今までのSDGs調査というと「一般生活者の認知度」が主題になっていたのですが、最近はより具体的な視点(環境、ダイバーシティなど)からみた、SDGs関連調査が増えている印象です。

今後も、官民いろいろなSDGs関連調査をみながら、未来につながる視点を皆様にお伝えできればと思います。それでは、今日はこのへんで。

関連記事
最新SDGs企業ランキングと調査15事例
SDGs企業経営の最新動向と最新調査2020
キリン・コニカミノルタ・リコーがトップ、日経「SDGs経営調査」(2019)


サステナビリティ情報開示のことなら、専門家の私たちにご相談ください。


私たちはサステナビリティ情報開示を得意分野とするコンサルティング会社です。国内トップクラスの情報と知識で、成果にこだわったアドバイザリーサービスを行います。サステナビリティ情報開示に課題を抱えるCSR推進担当の方、専門家を探しているサステナビリティレポート制作会社の方、お気軽にお問合せください。

事業概要
お問合せフォーム