5年を迎え、2016年以降の東日本大震災とCSRはどう考えるべきか

東日本大震災CSR

東日本大震災とCSR

今日で、東日本大震災から6年目となります。

丸5年(6年目)となり、時間単位の節目や区切りは現場にあまり意味がないとは知りつつも、それでもあの時、何もできなかった自分を乗り越えるために、色々と考えるべきことがある3月11日です。

そんなことも思いながら、「Yahoo!ニュース・個人」のほうに、東日本大震災と企業のあり方について寄稿しましたので、ぜひ読んでいただきたいです。

【3.11】継続支援って“無理ゲー”なんですかね?

5年でずいぶんと社会が変わった気がします。ではCSRや企業寄付が2011年以降で倍になったかというと、むしろ企業寄付は減っている(?)ような話もあるし、根本的に何かが変わったかというとそこまででもないのかな。以下は、2015年・2014年の3月11日にアップした記事です。

原発の中で考えた、東日本大震災と企業の社会的責任(2015)
東日本大震災から丸3年。僕の4年目の復興支援活動(2014)

個人としてでも、法人の担当者としてでも構いません。あなたは、東日本大震災から何を学び、これからに何を活かしますか?


csr

このエントリーをはてなブックマークに追加