CSR本・書籍を選ぶなら?今秋のCSRおすすめ本「ブランド・マーケティング」5選

CSR関連本

僕は、CSR関係の人が集まる場でよく、このような質問を受けます。

「CSR関連の情報収集はどこでされますか?」
「CSR関連のおすすめの本を教えて下さい。」

CSR関連情報は、僕のTwitter、ブログ(当ブログ)をおすすめしています。その質・レイヤーは別として、CSRに特化した更新回数・継続性では随一だと自負しているので。他のCSR系メディアも僕の二次情報をキュレーションしている所も多いですし。

その情報の元を探すために、Webの海をさまようのは僕だけでいいですよ…。でも誰かが、ニーズをまとめて提供しないとですもんね。

前置きが長くなりましたが、“読書の秋”直前の、夏の終わりに、今回は良く質問される「おすすめ本」、特にブランディング・マーケティングの本を紹介。電子書籍版も。

追記(2016年3月)
おすすめのCSR/CSVの本・書籍30冊(2015)

こちらの記事も合わせてどうぞ!
CSRの本の決定版?CSRを学び始めた人にオススメな参考書籍14冊
CSR経営の時代は終わった?経営の未来を見つめる良書「世界の経営学者はいま何を考えているのか」
CSR哲学をトップの“座右の書”で語る「人間会議2013年夏号(宣伝会議)」

CSRのブランド・マーケティングのがわかる、おすすめ本5選

儲からないCSRはやめなさい!

この痛烈なタイトルが好き(笑)内容ももちろん、洗練されています。

企業ブランディングを実現するCSR

ブランドとは何か。フレームワーク等も豊富。CSR知識中級〜上級者に特におすすめ。

社会的責任のマーケティング 「事業の成功」と「CSR」を両立する

名著中の名著。これを読まずして、CSRマーケティングは語れませんね。

LOVE ME COMPANY! 愛される会社の条件―新しいCSRの考え方―

企業の社長として成功し、海外経験も豊富な著者の実体験が詳細に描かれています。企業は何をすべきか、個人が何をすれば社会全体が良くなって行くのかが具体的に解説されていました。とても分かりやすく、参考になります。

社会貢献でメシを食う

こちらは、ブランドとしての企業の考え方はもちろん、ビジネスパーソンとしてどのようにCSRに関わっていくか、という視点も多数。友人で先輩の竹井さんの本。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

アマゾンのリンクも貼ってあるので、ぜひ購入して、今年の“秋の夜長”へ万全の体制で望みましょう。ちなみに、CSR関連本は本屋に少ない(ない)場合もあるので、楽天でもいいので、ネットショッピングがおすすめですよ!

追記(2016年3月)
おすすめのCSR/CSVの本・書籍30冊(2015)



サステナビリティ情報開示のことなら、専門家の私たちにご相談ください。


情報開示に課題を抱えるCSR推進担当の方、企業評価向上のための専門家を探しているレポート/ウェブサイト制作会社の方、お気軽にお問合せください。

事業概要
お問合せフォーム