CSR/CSVブランディングに役立つ記事10選(2015)

CSR/CSVブランディング

CSR/CSVブランディング

CSVやCSRが企業のブランディングに貢献する。5年前では妄想だったことが、最近は現実のものとなってきているように感じています。

ブランド論は他の人に任すとして、本記事ではCSVやCSRのブランディング構築の助けとなるであろう記事をピックアップしまとめます。

僕はCSR支援をしている人の多くは、CSRやCSVがブランディングに貢献するというロジックは間違っていると思います。その理由なども、色々な記事にまとめているので参考にしていただければと思います。

「管理できるのは自らの想像力の範疇のみである」というワードがポイントになるかもしれません。

CSR/CSVブランディングに役立つ記事10選

消費者視点の評価基準となるランキング、日経BP社「環境ブランド調査」(2015)

CSRで企業ブランドは強化できるのか-ブランドランキングから見る価値形成プロセス

CSRから見た広報–ステークホルダーとのエンゲージメント

CSRの効果測定・評価指標となれるのか「社会的インパクト評価」

CSRコミュニケーションがもたらす企業価値と企業評価向上

CSV(Creating Shared Value)関連のまとめ記事9選(2015)

おすすめのCSR/CSVの本・書籍27冊(2015)

CSR/CSVマーケティングのビジネスモデル5事例

CSV(Creating Shared Value)と価値共創について

■社会的責任(CSR/CSV)の意味・定義って結局なんなの?

まとめ

様々な消費者データを見る限り、一定数が社会貢献型(環境配慮)商品の購入を意識していたり、利他的な生活意識を持っていたりします。

BtoB企業は微妙な所もありますが、BtoC企業にとってはCSR/CSVがブランディングに間違いなくつながります。

経営計画(中期経営計画)などにCSRを要素を入れてブランド構築を目指すことが、差別化戦略の1つのアクションになりそうです。

BtoB企業のCSRは……、中小企業みたいにソーシャルビジネスに寄っていく形になるのが現実的なポイントかもしれませんね。


執筆者安藤光展/CSRコンサルタント
1981年長野県生まれ。CSR/SDGs経営の専門家。著書は『創発型責任経営-新しいつながりの経営モデル』(日本経済新聞出版社、共著)ほか多数。日本最大級のCSR担当者コミュニティ「サスネット」主宰。

戦略的なCSR情報開示をお求めなら、私にご相談ください。


CSR/サステナビリティ情報開示を専門分野とし、経営戦略まで踏み込んだコンサル型の開示支援を行なっています。成果にこだわる情報開示をお望みの方、良いCSR報告書・CSRウェブサイトの制作会社がいないとお困りの方は、是非ご相談ください。

安藤光展のプロフィール
CSR情報開示の「第三者評価プログラム」

CSR/サステナビリティに関する勉強会・研究会を主催しています。これからCSR推進活動をする初級担当者、他社担当者と情報交換したい方、組織のCSR評価を一段階上げたい方、などにおすすめです。

日本最大級のCSR担当者コミュニティ「サスネット」
企業評価および情報開示を学ぶ会員制勉強会「サステナビリティ評価研究会」