消費者による企業評判評価ランキング「Global RepTrak 100」(2015)

世界で最も信頼される企業

Global RepTrak 100

「Global RepTrak 100」(世界で最も信頼度の高い企業100社、2015)が発表されましたのでシェアします。

「Global RepTrak 100」は、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、メキシコ、ロシア、韓国、スペイン、英国、および、米国を含む、15か国の代表的な企業である100社の評判・信頼度を測定しています。

イノベーション・ワークプレイス・ガバナンス・シチズンシップ(社会貢献)などなど、企業の信頼に関連する7項目をチェックします。詳しいレポートは、以下のサイトから個人情報を入力しダウンロードしてみてください。

Global RepTrak® 100

Global RepTrak 100(2015年)

1位、BMW Group
2位、Google
3位、Daimler
4位、Rolex
5位、LEGO Group
6位、The Walt Disney Company
7位、Canon
8位、Apple
9位、Sony
10位、Intel

ちなみに昨年度は以下の通り。

1位、Walt Disney
1位、Google
3位、BMW
3位、Rolex
5位、Sony
6位、Canon
7位、Apple
8位、Daimler
9位、LEGO
10位、Samsung
10位、Microsoft

2014年版:企業の評判と評価における世界的調査「Global RepTrak 100」(2014)

このあたりは急に入れ替わるということはないのでしょうけど、BtoC企業は特に信頼性がビジネスに大きな影響を持ちますので、気をつけるにこしたことはありませんね。

ちなみに、CSR関連項目だけをピックアップした「Global CSR RepTrak」というランキングも行なわれています。去年は12月の発表だったので、今年もそうなると思います。

まとめ

企業にとって、顧客の信頼感はビジネスの生命線です。

企業の不祥事による信頼感失墜による業績悪化なんて日常茶飯事です。よほどオリジナリティのある商品・サービスではないと、競合がいるわけですし、そうなりますよね。

僕はCSRの目的を「信頼される企業になるため」といつも言っていますが、それくらい企業経営において信頼って重要だと思うんです。

興味がある方はレポートをダウンロードしていただき、自社や競合のランキングをチェックしてみてください。

関連記事
CSRで企業ブランドは強化できるのか-ブランドランキングから見る価値形成プロセス
企業の社会貢献度を順位づける「社会貢献支出ランキング」(2015)
企業の社会性にフォーカスした「CSR社会性ランキング」(2015)
CSR企業評価の決定版「東洋経済CSR企業ランキング」(2015)
日経ビジネスCSRランキング「善い会社ランキング」(2015)


執筆者安藤光展/CSRコンサルタント
1981年長野県生まれ。CSR/SDGs経営、CSR情報開示の専門家。著書は『創発型責任経営-新しいつながりの経営モデル』(日本経済新聞出版社)ほか多数。日本最大級のCSR担当者コミュニティ「サスネット」主宰。

戦略的なCSR情報開示をお求めなら、私にご相談ください。


CSR/サステナビリティ情報開示を専門分野とし、経営戦略まで踏み込んだコンサル型の開示支援を行なっています。成果にこだわる情報開示をお望みの方、良いCSR報告書・CSRウェブサイトの制作会社がいないとお困りの方は、是非ご相談ください。

安藤光展のプロフィール
CSR情報開示の「第三者評価プログラム」

CSR/サステナビリティに関する勉強会・研究会を主催しています。これからCSR推進活動をする初級担当者、他社担当者と情報交換したい方、組織のCSR評価を一段階上げたい方、などにおすすめです。

日本最大級のCSR担当者コミュニティ「サスネット」
企業評価および情報開示を学ぶ会員制勉強会「サステナビリティ評価研究会」