CSR戦略と実務の交差点を描く本「CSR経営-パーフェクトガイド」(川村雅彦)

CSR経営とは、そもそも何を指すのか 献本いただきました、「CSR経営-パーフェクトガイド」(川村雅彦、ウィズワークス)の読書メモを。 本書では、グローバルな世界的なCSR動向を述べて終わり、という従来のCSR関連書籍で …

CSR経営戦略とは? 「超訳・論語」から学ぶ4つの思考

「超訳 論語」 昨日「超訳 論語」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を読みました。 そのメモがてら、書評としてまとめておきます。 ぼくは常日頃から、当ブログや寄稿などでもCSRのバイブルは論語であると言っています。 本 …

CSR活動とは“本当に”儲かるのか?経営の実際を語る良書「ヤバい経営学」

CSRは“本当に”儲かるのか? 確かにヤバかった「ヤバい経営学」という本。 経営の現場的な側面を見事に表現しきってます。 さて、CSRとは経営そのものであると、僕は言っていますが、 CSRが経営であるならば、経営結果(業 …

CSR経営効果はない? 経営の未来を見つめる良書「世界の経営学者はいま何を考えているのか」

CSR経営効果

CSRは経営効果がない? いやー、この本は面白かった。 かなり難しい経営理論を、わかりやすく解説してくれているし、CSRやCSVといった経営戦略の特定の理論に偏った人には特にオススメです。 「CSRの経営効果・経済効果は …