|カテゴリ:CSRコミュニケーション , CSR報告書/統合報告書

専門家の評価が高いCSR報告書は“良い報告書”なのか

誰のためのものか CSR報告書に限らず、企業が発行するレポートや報告書は想定読者がいて、その人たちに向けた情報発信となります。 IR系の開示書類は文字通りで投資家向け、会社案内はほぼ初めて接点をもったステークホルダー(求 … 続きを読む 専門家の評価が高いCSR報告書は“良い報告書”なのか

|カテゴリ:CSRマーケティング , フレームワーク

CSRマテリアリティの特定と分析は42%の企業しかできていない

CSRマテリアリティの特定と分析 御社では、CSRにおける「マテリアリティ」について理解と実施ができていますか? マテリアリティとは、一定の評価・選定プロセスを通じ、CSRにおける重要項目を決めること、またはその項目のこ … 続きを読む CSRマテリアリティの特定と分析は42%の企業しかできていない

|カテゴリ:CSRコミュニケーション , CSR報告書/統合報告書

CSR報告書の目的を再考するための記事10選(2014)

CSR報告書の目的を再考する CSR報告書も統合思考が重要になりそうです。 2014年はCSR報告書まわりで地殻変動が多数ありました。2013年の年末に、IIRCの統合報告フレームワーク、GRI/G4発行の話と大きな動き … 続きを読む CSR報告書の目的を再考するための記事10選(2014)

|カテゴリ:CSRコミュニケーション , メディア/コンテンツ

検索が多いCSR報告書発行企業名135社(2014)

検索が多いCSR報告書発行企業 あなたは「検索された回数が多い、CSR報告書企業名」を知っていますか?多分知らないでしょう。知ろうと思ったことすらないでしょう。それ、普通です。 というわけで、今回は、2014年によく検索 … 続きを読む 検索が多いCSR報告書発行企業名135社(2014)

|カテゴリ:CSRコミュニケーション , CSR報告書/統合報告書

CSR報告書がマンネリ化した時の3つの対処法

CSR報告書がマンネリ化する マンネリ化している、ということを感じるということは、どこかが思考停止し始めている予兆だと思います。 先日、とあるCSRセミナーの講師をした時に、参加者の方から質問があり、その時に答えた内容を … 続きを読む CSR報告書がマンネリ化した時の3つの対処法