本音と建前があるのは日本人的?CSR活動ランキング「グリーンランキング」

CSRにおける報告と活動

CSRでよくある話だが、生活者(顧客)への認知と、
CSR活動のパフォーマンスは必ずしも一致するものではない。

先日、「生活者の環境イメージと企業の環境活動の実態の総合評価によるグローバル・グリーンランキング2012
というランキングを見たので、その感想をまとめてみた。

世界のブランドコンサルティングファームはCSRのパフォーマンスを理解しており、
この類いのランンキングでは、評価とパフォーマンスの両側面から、
調査されることが多くなっているように感じる。

2、3年前は、CSRイメージ調査みたいのが多かったように記憶するが、
イメージだけでは、正確な評価ができないと、世界が気付き始めている。

それが指し示すのは、つまり、
イメージ戦略と日々の活動の両輪をしなければならないということ。
CSRレポートばかりが良くて、その実態(現場)が伴わないなんてことが公になると、
余計に批判を受け、評判を下げることになる。

実際、オリンパスなどはそうでしたね。
すばらしいCSR活動をしていただけに残念でなりません。

ランキングの仕組みは?

そのランキングの評価方法をは以下の通りです。

本ランキングは、「環境パーセプション(=生活者にどう認識されているか)」と「環境パフォーマンス (=企業が実施する活動)」の双方が両立していることが「優れた“グリーンブランド”の条件」と定義 し、両者のインプットデータに基づきそのバランスを評価した「グリーンブランドスコア」を算出、その 中で優れたグローバル・グリーンブランドの TOP50 をランキングしたものです。

これはCSRコミュニケーションにおおいに関わってくる話ですね。
それに、案外話しは複雑なのかもしれません。
SROI(社会的費用対効果)の話しも含まれるからです。

CSR活動ならまだしも、CSRコミュニケーションにおけるSROIなんて、
どうやって指標を決めて計っていくのでしょうか…。
例の「広告費換算」で計るってことにはなると思いますけど。

CSRだけではないですけど、
活動もコミュニケーションもトータルで構築していかないといけませんね。
コミュニケーションに偏る企業が多い昨今、
コンテンツのクオリティアップ(より社会的意義のある活動など)は必須です。

ちなみに、下部に昨年のランキングが載っています。
一年でどれだけ変化があったなどご参考までにどうぞ。

まとめ

ランキングは、なにかしらのセグメント/フィルターがかかっているもので、
必ずしも、誰もが納得するデータではなかったりします。
(こんなことを言うと、身も蓋もないと言われそうですが、、、)

その評価内容などを、一種のフレームワークとして、
自社のCSR活動の見直しに使うのが一番良い方法だと思います。

あなたの活動の参考になれば幸いです。

参照
生活者の環境イメージと企業の環境活動の実態の総合評価によるグローバル・グリーンランキング2012
生活者の環境イメージと企業の環境活動の実態の総合評価によるグローバル・グリーンランキング2011

必読
CSR担当者必見!CSRランキング・アワード19選


サステナビリティ情報開示のことなら、専門家の私たちにご相談ください。


私たちはサステナビリティ情報開示支援を得意分野とする専門家集団です。
情報開示に課題を抱えるCSR推進担当の方、企業評価向上のための専門家を探しているレポート/ウェブサイト制作会社の方、お気軽にお問合せください。

事業概要
お問合せフォーム