AppleのCSRは、おしとやかでコーズマーケティングな75億円だった?

AppleCSR

Apple社のCSR活動

タイトルほどセンセーショナル風な内容ではありませんが、AppleのCSR活動?の話題を紹介します。

Appleは(RED)というチャリティ・プログラムをしています。「(PRODUCT)RED」とは、赤い色の対象商品を買うことで、売上の一部が、「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」(REDの運営団体)に寄付されるというプログラムです。

Appleは随分前から、協力企業として活動しているのですが…というのが今回の背景。で、先週発覚したその寄付金額は実はかなり大きな金額だったのです。

アップル|(PRODUCT) RED

ジョナサン・アイブ

カンヌライオンズ2014最終日、Innovation Dayの一環としてBONOがJony Ive(Apple/Designer)と共に登壇した。
(中略)
欧米企業は社会貢献をひけらかすのが主流と思いきや、黙って社会に貢献し、それが思わぬ所から公になった時に、何とも言えない照れを見せる日本的メンタリティを持った企業もあるじゃないか! そして、Jony Iveは、Appleが(Red)の証を表示しないことや、寄付金額を公表しないことに対して、とてもシャイに受け答えしていた。
カンヌライオンズ2014~BONOとAppleの関係に本当のソーシャルグッドを見る

ご存知の方も多いかもしれませんが、ジョナサン・アイブはApple社のデザイナーで、インダストリアルデザイングループ担当上級副社長。数多くのApple製品をデザインした人です。この方が、ロックバンドのU2・ボノに壇上で質問され、シャイに答えたと。

Appleの「(PRODUCT)RED」って累計75億円(!)と言われています。75億円あったら、うまい棒が何本買えるだろうか(お前は小学生か)。

スティーブジョブズ氏がZen(禅)に傾倒していたと言われてますが、仏教系のリアクションって結構おとなしめですよね。そういうカルチャーがAppleにあるのかもしれません。プレゼンテーションの勢いとかは別ですけどね。

何が正しいかというのは、僕が決められることではありませんが、AppleについてのCSR的な紹介記事をご参考いただければと思います。

参考記事
AppleのCSRコミュニケーション! CSR系動画「Better」
Apple社の最新CSRレポート「サプライヤー責任報告書2014」

(PRODUCT)RED

(PRODUCT)RED Appleはこれまでに多数の「(PRODUCT)RED」製品を発売しており、「(PRODUCT)RED」製品を購入すると購入金額の一部が「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」に寄付される仕組みとなっています。また、Appleの寄付額は去年9月に6,500万ドルを突破、今年4月に7,000万ドルを突破しており、この2ヶ月ほどで500万ドル(約5億円)が寄付された事になり、Appleは同プログラムの最大のパートナーとのこと。
Appleから「(PRODUCT)RED」への寄付金の総額は約75億円に

僕が去年の9月に書いた「最新iPhone5Sでも! 社会貢献できるアップル公式iPhoneケース「PRODUCT RED」」の時は、公式サイトで「5,000万ドル以上」だったのに今は7,000万ドル以上と書かれています。

いやー、1年たたずに数千万ドル寄付ですもん。というか、Apple社は素晴らしいのですが、「(PRODUCT) RED」という商品群がそもそも売れているということみたいですね。

で、これがコーズマーケティング(寄付付き商品の販売)みたいに言われるけど、昨今の状況を見る限り、マーケティングというより、フィランソロピー的な活動だったんですね。中の人がそう言っているみたいいだし。色々妄想が膨らむ出来事です。

参考記事
Appleの社会貢献・CSR! フィリピンを救うチャリティプログラムがスタート!
最新iPhone5Sでも! 社会貢献できるアップル公式iPhoneケース「PRODUCT RED」

まとめ

いかがでしたでしょうか。

CSR界隈の人は、それが仕事というのもあって、あれこれ定義したがります。

これら「(PRODUCT)RED」の活動が、コーズマーケティングであろうが、フィランソロピーであろうが、CSV(Creating Shared Value、共有価値創造)だろうが、僕にとっては、呼び名は何でもいいんですよ。

Appleの商品を売った経済的価値と、75億円分という巨大な社会的価値を生み出した事実に対して、そのプロセスを学ぶべきなのかなと。

あなたは、このニュースを聞いてどう思いましたか?



サステナビリティ情報開示のことなら、専門家の私たちにご相談ください。


情報開示に課題を抱えるCSR推進担当の方、企業評価向上のための専門家を探しているレポート/ウェブサイト制作会社の方、お気軽にお問合せください。

事業概要
お問合せフォーム