寄付まわりの最新情報を網羅した良書『「寄付」のすすめ』(近藤由美)

世の中を良くして自分も幸福になれる

『「寄付」のすすめ–世の中を良くして自分も幸福になれる』(近藤由美、東洋経済新報社)の読書メモを。

寄付まわりの最新情報を網羅した良書って感じ。うまくまとめられており、寄付初心者からソーシャルセクターのプロフェッショナルまで、学びがあるものかと思います。

僕も関わらせていただいている、ウェブサービス「gooddo(グッドゥ)」が掲載されていてビックリ。

ウェブまわりでは、ちょっとずつ紹介してくださるブロガーの方が増えているのですが、新聞やラジオなどのメディアでの掲載実績はあるのですが、単行本では初めてだと思います。やったね。

で、CSRやCSVの項目もあるのですが、ちょっと解説不足というか、誤解を招きそうな感じでした。参考文献にもCSR関連の書籍は皆無だったし、そこまで調べる時間がなかったのかな?

ちなみに、企業の事例としては、アメリカン・エクスプレス、キリンビバレッジ、キリンビール、サラヤ、王子ネピア、森永製菓、ユニリーバ・ジャパン、KDDI、トヨタ、エイチ・アイ・エス、ベネッセホールディングス、パタゴニアなどの紹介がありました。

とはいっても、様々なプラットフォームやNPOの紹介、寄付の心理的な側面と幸福論の話など、僕的にはかなり面白く読ませてもらいました。

企業まわりの事例も多く、有名な事例がいくつも紹介されていたりしており、CSR関係者の方にはガッチリおすすめの本でした。

特にこの領域に興味がある方は、本書の参考文献にも掲載されている、「社会を変えるお金の使い方」(駒崎弘樹)、「寄付白書2013」(ファンドレイジング協会)も合わせて読んでみることをオススメします。

寄付のすすめ

第1章 寄付が日本と世界を変える –欧米に負けない伝統を見直す
第2章 寄付を実践する人たち –何を志しどのように楽しんでいるか
第3章 寄付の受け皿「非営利団体」を知る –どのような組織なのか
第4章 NPO法人が社会を変える仕組み –どのようにかかわればいいか
第5章 新寄付税制のメリットを活用する –寄付で自分も得する
第6章 寄付はお金だけとは限らない –物品や時間、知識、スキルの提供
第7章 最近の寄付事情 –営利・非営利の垣根を越えて社会・世界とつながる
第8章 後悔しない寄付先選び –情報収集から見極め方まで


価値向上のための情報開示は、私たちにご相談ください。


CSR/サステナビリティ情報開示を専門とし、経営戦略にまで踏み込んだコンサルティング型の支援を行なっています。成果にこだわる情報開示をお望みの方、情報開示のコストの削減/効率化を目指す方、是非「お問い合わせフォーム」よりご相談ください。また、CSR支援会社様の業務パートナーとしてのご相談もお待ちしています。

安藤光展(CSRコンサルタント)プロフィール
情報開示の第三者評価
研修/講演依頼

CSR/サステナビリティに関する勉強会を主宰しています。これからCSR推進活動をする初級担当者、他社担当者と情報交換したい方、組織のCSR評価を一段階上げたい方、などにおすすめです。

日本最大級のCSR担当者コミュニティ「サスネット」