CSRコンテンツが重要です!企業サイト「コミュニケーション力ランキング」(2013)

CSRコンテンツが重要です

先週、CSRコンテンツも審査対象となっている、「コミュニケーション力ランキング2013<企業サイト編>
が発表されましたのでご報告とオピニオンをまとめます。

最近は、企業のコミュニケーション能力や、
ブランド力としてのCSRコンテンツが審査項目に上がってくるようになりました。

CSR関係者のあなたにぜひチェックしてもらいたいのはもちろんのこと、
ウェブまわりのマーケター、広報の方にもチェックしてもらいたいです。

コミュニケーション力ランキング2013

1位、サントリー
2位、日産自動車
3位、JAL
4位、マツダ
5位、ソニー
6位、アサヒビール
7位、パナソニック
8位、ニコン
9位、KDDI
10位、キリンビール

サントリーはこの類いのランキング上位に必ずいますよね。流石です。

診断の4つのポイント軸

このランキングの評価ポイントは、以下の4つの点になります。

(1)経験軸:企業の想いやコンテンツ伝達力・訴求力
(2)コミュニケーション軸:アーンドメディアの活用とコミュニケーション力
(3)PR軸:ペイドメディア連携やCSR訴求力
(4)結果軸(行動促進軸):コンバージョン促進やOtoO連携力

当たり前ですが、当ブログでは、3番のCSRの話しか言及しません(笑)

CSR情報など企業としての社会活動における取り組みなど、間接的にブランド構築に寄与するような情報発信においては、単にテキストだけの説明をしている企業も目立ち、十分な訴求ができていない企業も散見されました。
コミュニケーション力ランキング2013<企業サイト編>より)

企業のウェブコミュニケーションのHUBとなる自社メディアですが、
伝えればいいってもんではありませんよね。結果「伝わる」ことが必要です。
言うだけで、100%理解してくれる人には、
そもそもその情報はいらないと思います。

ちなみに、今回1位のサントリーのメディアは、
「CSRコンテンツが充実している」ことが高ポイント獲得につながっているようです。
他のランキング等でもサントリーさんは強かったなぁ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ぜひ過去のCSR関連ランキングなども見比べながら、
御社のCSRコミュニケーション構築の参考にしていただければと思います。

CSR関連ランキング
CSR格付け・CSRランキングは、健全なCSR業務を阻害しているかも
グリーン系CSR世界ランキング「グリーン・ブランド・ランキング2013」
CSR担当者必見!CSRランキング・アワード19選[2012年版]
やっぱりアノ企業がトップだった!CSRサイトランキング「Eco Site Survey 2013」
ランキング入りは環境活動が重要?東洋経済2013「CSR総合ランキング・トップ700」


<お知らせ>
・2021年2月20日:次回情報開示勉強会「テーマ:デジタル時代のCSR報告」(4/14)の告知を始めました

サステナビリティ企業評価でお困りではありませんか?


私たちが得意とする「サステナビリティ情報開示支援」に限らず、サステナビリティ経営に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと貴社の悩みを解決できると考えています。

事業概要
定例セミナー
お問合せフォーム