まさかの不用品でCSV(Creating Shared Value)?エコなオークション「エコオク」

まさかの不用品で社会貢献!?

自分のいらないものが、誰かの“欲しい”になるサービス。
そんな、エコなオークションサイトが「エコオク」です。

エコオクを運営しているのは、株式会社ウインローダー。
社会企業とも呼ばれる有名な企業ですよね。

3月は、引っ越しシーズンだったので(過去形)、
リサイクルビジネスも紹介しようと思い、記事を書いてます。

では早速ご紹介!

シクミ

不用品はエコオクでネットオークションに出品できます。

しかも、なんと、落札額の50%を出品者にキャッシュバック、
もしくは環境・社会貢献団体に寄付ができるのです!

で、あなたも疑問に思うでしょう。
「落札されなかったら、結局廃棄でしょ?」って。

ノンノン。

リサイクルショップに並んだり、
エコでオシャレなインテリアにリメイクされたり、
再利用されたりしてリユースされる仕組みになっているそう。
素晴らしいサイクル・仕組みですね。

引っ越しシーズンの前に紹介すればよかったですね。
すません……。

シカケ

マイナスの価値をプラスの価値にすること。
まさに、クリエイティブなビジネス・スキームだと思います。

ソーシャルビジネスや、CSVでよく語られるのは、「何かを生み出すこと」が多いです。
それが悪いわけではないのですが、「今までのマイナスをなくす」というのは、
実際そこまで語られなかったりします。

しかも不用品というとキレイですが、ただのゴミです。
このマイナス要素を富を生むプラスのサイクルに乗せたのが素晴らしい。

自分のいらないものが、誰の“欲しい”になるサービスって、
身近な話題だけに、興味を持ってくれる人も多いですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ちなみに、代表の高嶋さんは、ブログを書いてます。
「物流会社ウインローダー」社長 高嶋民仁のブログ 〜今日も笑顔を届けます!〜

すでに1100以上の記事数……。ハンパネェッス。
2年以上にわたって、1日1投稿以上してます。

ちなみに、マイケルポーター氏はCSVの価値観の中で、
CSRや、若者のNGO信仰の否定をしてます。

要は、「富を生み出すこと」がCSVなのであると。
政府もNGOも資金を投入できるが予算を使うだけなので、必ずいつか疲弊する、としてます。

参照:思考に歴史あり!マイケルポーターの「FFA-CSR-CSV」の遍歴再考

不用品のリサイクルビジネスは以前からありましたが、
シカケ・シクミのサイクルを再構築し、新たなスタイルにした点が素晴らしいですね。
ポーター先生的には、CSV的で、ナイスです的な感じなのでしょう。

あなたの会社のビジネスで出る不用品が、
実はCSRやCSVのきっかけになったりするかもよ?


安藤光展

サステナビリティ推進でお困りではありませんか?


私たちが得意とする「サステナビリティ情報開示支援」に限らず、サステナビリティ経営に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと貴社の悩みを解決できると考えています。

事業概要
定例セミナー
お問合せフォーム