善意のいたずらでハッピーになれる?コカコーラのCSR系ムービー「Crazy for Good」

コカコーラCSR

善意のいたずらでハッピーなCSRムービー

先週公開された、コカコーラの話題のブランド・ムービーをご紹介。

世界のコカコーラは”Do Good”なコミュニケーションをしてますね。
コーポレートサイトがウェブマガジン化し、
ソーシャルグッドな情報もたくさん載せてますし。

参照:コカコーラのCSRコンテンツが“メディア化”しとる!CSRコンテンツの未来考察

それでは早速ご紹介!

Coca-Cola Let’s Go Crazy

Coca-Cola Let’s Go Crazy: long version

思わず、“にこっ( ^ 0 ^ )”ってしちゃいます。

自分の誕生日に、誰にプレゼントをあげるっていいなぁ。
家族・恋人とかに、いつもありがとう!みたいな。

こういうムービーを見ると、
コカコーラ社はコカコーラではなく、ライフスタイルを売っている
という話しがなんとなくわかる気がします。

ブランド広告はこういった側面が必要なんでしょうね。
CSR・社会貢献と言い過ぎない所もGoodです。
いたずらとか、気軽感じも良いと思います。

“善意の押し売り”にならないCSRコミュニケーションは、
CSR関連のコーポレートコミュニケーションの課題の一つ。

そのヒントの一つになると感じました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Go Crazyって“夢中になる”みたいな意味。多分。
おかしくなるくらいやろうぜ!ってニュアンスかな。

CSRコミュニケーションとしても、
コンテンツマーケティングとしても、
とても良い事例だと思います。

デジタル領域のマーケティングで世界をひっぱるコカコーラ。

こういう“何か良いこと”を伝えていくことが、
社会変革のきっかけだったりします。

さぁ、あなたも、Go crazy and do Good for others!

Image by PHOTO PIN



■  運営勉強会のご案内 ■
・国内最大級のCSR担当者コミュニティ「サステナビリティ・トレンド・ネットワーク」(次回定例会:2020/1/15)
・企業評価と情報開示について学ぶ会員制研究会「サステナビリティ評価研究会」(2020年度参加者募集中)

■  CSR情報開示に課題を感じている担当者様へ ■
・情報開示の「第三者評価プログラム」