最高社会的責任担当者(CSRO)=CSR担当役員。

最高社会的責任担当者

さて、今日は、「最高社会的責任担当者(CSRO)」の話し。日本では、CSR担当役員と訳すのかな。CSOとも言われてます。

大手企業ではCSR推進室室長がその職務にあたるのかと思いきや、実は、CEO(代表取締役:社長)が兼任する場合も多いらしい。そらそうだ。CSRアクションは企業の中核ミッションだもん。部長クラスではなく、役員レベルで対応するのは理解できる。特に、ステークホルダーとのコミュニケーションを考える時、部署横断のクロスファンクション的行動が必要になる。

部のリーダーではトータルな展開は難しいのかもしれない。だからこそ、最高社会的責任担当者(CSRO)をリーダーとし、営業・マーケ・デザイン・経営陣・総務など様々な担当者を、まとめて昇華させる必要がある、ということか。

最高社会的責任担当者(CSRO)

欧米企業のモノマネはどうかと思うが、この考えに至ってはぜひ、日本でも広がってほしいと思う。やる人が決まらないと、CSRアクションもままならない。今度会う、知り合いの部長(上場会社)に提案してみよう。反応が楽しみだ。99%無理だが、もし設置が決まったらほんとに面白いことになるな。


サステナビリティ情報開示のことなら、専門家の私たちにご相談ください。


私たちはサステナビリティ情報開示支援を得意分野とする専門家集団です。
情報開示に課題を抱えるCSR推進担当の方、企業評価向上のための専門家を探しているレポート/ウェブサイト制作会社の方、お気軽にお問合せください。

事業概要
お問合せフォーム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。