愛される会社を作る!CSRインナーコミュニケーション活性化のための「クレド」

愛される会社とは何か

あなたは、自分の会社が好きですか?
お客様から愛されていると感じていますか?

今回は、【「愛される会社」の条件ー新しいCSRのメッセージ】という本を読んだのでまとめを。

この本では、ずばり、
「ウチの会社の商品買って!」というメッセージから、
「ウチの会社を好きになって!」というメッセージへの変更をしようと。

少し前の本ですが、今でも示唆に富む本でした。
当時(2007年)の海外のCSR事情・統計もたくさん載っています。
特にCSRコミュニケーションに携わる人は必読です。

「愛される会社」の条件

条件としていくも挙げられていますが、
注目すべきは、「ブランド」という観点からの記述が多いことです。

ブランドとは、こだわりです。
こだわりとは、愛である。という話し。

CSRにおけるミッションステートメントの例として、
ジョンソン&ジョンソンのクレドを挙げています。

このクレドを守り、実行することが、
最大のCSRになるのだと。

本当に、CSRコミュニケーションに携わる人は必読です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

こういうCSRとはブランディングだという人は多いけど、
ここまでまとめ本にしている人は日本には何人かしかいません。

僕もこのあたりをライトに本にしたいとは思います。
どうやって本になるのか、よくわかりませんけど(笑)

ライトな語り口なので一気に読めますよ!

参照
ジョンソン&ジョンソン「我が信条(Our Credo)



サステナビリティ情報開示のことなら、専門家の私たちにご相談ください。


情報開示に課題を抱えるCSR推進担当の方、企業評価向上のための専門家を探しているレポート/ウェブサイト制作会社の方、お気軽にお問合せください。

事業概要
お問合せフォーム