企業の広報担当者のためのSDGs入門「広報会議7月号」

サステナビリティが企業価値を高める

今回の読書メモは「広報会議2018年7月号:特集 サステナビリティが企業価値を高める・広報担当者のためのSDGs入門」(宣伝会議)です。

去年は様々なビジネス誌で特集が組まれてひと段落してましたが、やっと広報会議さんでSDGs特集がありました。サステナビリティという概念をそろそろ、広報やコーポレートコミュニケーションの人にも知ってもらいたいと思っていたところです。

事例としては、伊藤園、オムロン、住友化学、イオン、サラヤ、などがありました。SDGsに関する取り組みの先進企業ということでよくみる企業だと思います。コラム的に、ファーストリテイリング、吉本興業、学研イノベーション、大日本印刷、NTTデータ、コニカミノルタ、日本郵船、などの企業事例がありました。

これらの企業の事例を改めて見るに、SDGsがはじまった3年程度でどうにかした、というよりは以前からCSR/CSVの活動をしっかりやっていて、その応用編としてSDGsというフレームワークに対応している、という感想です。あとは、経営層が組織としてコミットメントしているかどうか、でしょうか。

以前から言っているように、CSR/CSV/SDGsは成果が生まれる(価値を最大化できる)場面は数年から十数年後なんですよ。どの事例をみても、CSR活動を本格的に始めた1年目で著しい成果が生まれているなんて皆無です。

ごく当たり前な話ですが、地道にそれなりのリソースをかけて継続した取り組みをした企業が、競合より一歩先に進めるのですね。この手の話って、目に見えた成果創出は時間がかかるので「いつスタートしたか」も結構重要なんです。単純にセンスがない企業でも(!)、スタートが早いだけで業界内でトップになれますから。

本書で残念なのはSDGsのどのあたりが企業価値向上に貢献するのかというエビデンスが足りないところでしょうか。精神論や哲学としてのグローバル・スタンダード対応は理解できますが、広報会議だったらもう一歩踏み込んだ広報視点のレポートが読みたかったかな。事例がいわゆる活動の話がほとんどで、コミュニケーションやステークホルダー・エンゲージメントの話はあまりなかったです。

広報に近いCSR担当者はもちろんのこと、概要を知りたい方にはよい特集かと思いました。

広報会議7月号


筆者プロフィール安藤光展/CSRコンサルタント
1981年長野県生まれ。CSR/SDGs経営の専門家。著書は『創発型責任経営-新しいつながりの経営モデル』(日本経済新聞出版社、共著)ほか多数。日本最大級のCSR担当者コミュニティ「サスネット」主宰。

戦略的なCSR情報開示をお求めなら、私にご相談ください。


CSR/サステナビリティ情報開示を専門分野とし、経営戦略まで踏み込んだコンサル型の開示支援を行なっています。成果にこだわる情報開示をお望みの方、良いCSR報告書・CSRウェブサイトの制作会社がいないとお困りの方は、是非ご相談ください。

安藤光展のプロフィール
CSR情報開示の「第三者評価プログラム」

CSR/サステナビリティに関する勉強会・研究会を主催しています。これからCSR推進活動をする初級担当者、他社担当者と情報交換したい方、組織のCSR評価を一段階上げたい方、などにおすすめです。

日本最大級のCSR担当者コミュニティ「サスネット」
企業評価および情報開示を学ぶ会員制勉強会「サステナビリティ評価研究会」