|カテゴリ:CSRコミュニケーション , CSR報告書/統合報告書

CSRコミュニケーション協会ブログの優良記事25選(2017)

CSRコミュニケーションに関する記事まとめ

私が代表を務めますCSRコミュニケーション協会では、CSRコミュニケーションに関するブログを書いています。

私自身も書いてますが、他の方も書いてますし、当ブログとは視点の違う興味深い記事も多くあります。(私の記事も“書き下ろし”です)

そこでCSRコミュニケーション協会・ブログで、2017年に発表した記事をまとめてご紹介します。選りすぐりの記事です。タイトルを見て気になった記事からどんどん読んで見てください。CSRコミュニケーションに課題を感じている方には、多くの学びがあることでしょう!

ブログ記事25本

なぜCSRコンテンツを“運用する”必要があるのか
CSRコミュニケーションはデジタルとアナログどちらがいいのか
CSRウェブコンテンツの情報網羅性の課題とは
従業員の不満を「CSR課題」と捉えることのメリット
「モバイルサイトで絶対やってはいけない」3つの掟

CSRで企業価値を高められるかは企業担当者の力量次第
価値観の共有はデジタルコミュニケーションだけではまかなえない
何をCSRコミュニケーションするのか?
ガイドラインから読み解くCSRコミュニケーションの特性とは
担当者はショック! 就活生はCSR報告書には興味がない?

CSRコンテンツ評価の着眼点と課題について
CSRコミュニケーションは本当に必要なのか?
CSR情報は誰にとってマテリアル(重要)なのか
CSR報告による企業の信頼性向上の実現
近隣住民とのコミュニケーションで会社の損失を防げる!?

「トップメッセージ」でやってはいけない3つの掟
CSR報告におけるトップメッセージの品質測定
CSR調達を合理的・効果的におこなうためのお役立ちツールとは?
企業の環境の取り組みはESG投資に影響があるのか?
従業員の3割は自社のCSR情報開示を求めている

企業の積極的なコミュニケーションは行政に通じるのか
CSRコミュニケーションで有効なメディアは?
CSRコンテンツでステークホルダーに何を訴求できるのか
企業の社会貢献活動はESG投資に影響があるのか?
「CSRは大事だ」と口先だけでものを言う経営層を変えるための工夫とは?

>>記事・コラムの一覧

まとめ

CSRコミュニケーション協会の独自調査もしており「調査一覧」からリリースを確認いただけますので、まだチェックしていない方はぜひどうぞ。こちらにも、CSRコミュニケーションのヒントがたくさんあると思います。

CSRコミュニケーションに戦略は当然必要ですが、成果を生み出すためには最終的に現場の「PDCA力」が必要です。CSR担当者や経営層と現場の「格差」(モチベーション、インセンティブなどなど)を改善し、現場で能動的に発信・受信されるCSRコミュニケーション。

事業活動としては、セールス・プロモーション・マーケティング・ブランディングなども重要ですが、ステークホルダーとのリレーションが重視されるCSRでは特にコミュニケーションする必要があります。CSRコミュニケーションおよびステークホルダー・エンゲージメントは多くの企業のCSRの課題です。御社のヒントになれば幸いです。

関連記事
国内ESGインデックス選出企業は、本当にCSR評価が高いのか
CSR報告書の作成/制作のフレームワーク「5W1H+A」
ステークホルダー・エンゲージメントにおける3つのポイント



セミナー案内:更新済み2017年12月以降のCSRセミナー[→詳細]

執筆者:安藤 光展[→プロフィール詳細]