企業倫理の究極的な目標とは? 『論語の経営学』(ハーバードビジネスレビュー)

論語が目指す究極の目標とは? 論語を振り返りたくて『ハーバードビジネスレビュー 2009年10月号:「論語」の経営学』(ダイヤモンド社)を読み直したので読書メモ。 ふと読み返してみたわりには、言っていることが古くなってい …

経営者の二大経典をまとめた良書「ドラッカーと論語」(安冨歩)

ドラッカーと論語 キタコレー!! 日本人経営者が大好きな、ドラッカー(マネジメント)と孔子(論語)について解説した本書「ドラッカーと論語」(安冨歩、東洋経済新報社)。 僕もまだまだ読みこなせてはいないものの、ドラッカーと …

CSR本の決定版!? CSRの本質を学ぶための書籍3冊

CSRの本質を学ぶための書籍3冊 先週末、本関連のチャリティ・イベントのプレゼンターをしてきたので、そこで紹介した本のまとめを。 いやー、迷った。でも、バランスよく紹介できたつもりです。参考までにどうぞ。 ちなみに、去年 …

日本的CSR文化論、戦う者たちのノブレス・オブリュージュ「武士道」

戦う者たちのノブレス・オブリュージュ「武士道」 新渡戸稲造の武士道という書物をご存知でしょうか? 古典(といっても明治だけど)のなかでも有名な哲学書です。 最近僕は「論語」「老荘思想」「儒教」「仏教」 「禅」などとCSR …

CSR経営戦略とは? 「超訳・論語」から学ぶ4つの思考

「超訳 論語」 昨日「超訳 論語」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を読みました。 そのメモがてら、書評としてまとめておきます。 ぼくは常日頃から、当ブログや寄稿などでもCSRのバイブルは論語であると言っています。 本 …