|カテゴリ:CSRランキング/CSR格付け , CSR報告書/統合報告書

CSR報告書アワード「第20回環境コミュニケーション大賞」(2017)

環境コミュニケーション大賞 環境コミュニケーション大賞は、優れた環境報告書や環境活動レポートなどを表彰することにより、事業者などの環境経営および環境コミュニケーションへの取り組みを促進するとともに、環境情報開示の質の向上 … 続きを読む CSR報告書アワード「第20回環境コミュニケーション大賞」(2017)

|カテゴリ:CSRコミュニケーション , CSR報告書/統合報告書

専門家の評価が高いCSR報告書は“良い報告書”なのか

誰のためのものか CSR報告書に限らず、企業が発行するレポートや報告書は想定読者がいて、その人たちに向けた情報発信となります。 IR系の開示書類は文字通りで投資家向け、会社案内はほぼ初めて接点をもったステークホルダー(求 … 続きを読む 専門家の評価が高いCSR報告書は“良い報告書”なのか

|カテゴリ:CSRコミュニケーション , CSR報告書/統合報告書

日本のCSR報告書が“ハイコンテクストの壁”を超えられない理由

CSR報告書の文化的背景 先日『コミュニケーションの要諦は「察してくれ」に甘えないことなんだけど。』という記事を読んで感じたことをまとめます。 記事では、『「だろうコミュニケーション」から「かも知れないコミュニケーション … 続きを読む 日本のCSR報告書が“ハイコンテクストの壁”を超えられない理由

|カテゴリ:CSRコミュニケーション , CSR報告書/統合報告書

CSR報告書/統合報告書のスイッチングコストの妥当性

CSR報告書を作り替える 世間的にはCSR報告書を発行したことがない企業のほうが多いですが、何年かCSR報告書を発行している企業の課題として顕在化するのが、「統合報告書に移行すべきか」という課題と「制作会社を移行すべきか … 続きを読む CSR報告書/統合報告書のスイッチングコストの妥当性

|カテゴリ:CSRコミュニケーション , CSR報告書/統合報告書

マルハニチロのCSR報告書が示した、不祥事後の情報開示の意味

CSR報告書の意味と意義 不祥事を起こしてしまった企業のCSR報告書って気になりませんか? 先週、東洋ゴムの不祥事(免震ゴムデータ偽装)の問題があり、CSR情報を見直した企業担当者も多いかと思います。CSR報告の中でガバ … 続きを読む マルハニチロのCSR報告書が示した、不祥事後の情報開示の意味