CSRにおけるステークホルダー・エンゲージメントの文脈とは

CSRのコンテクスト ステークホルダーとのエンゲージメント活動。御社はできていますか? 私の実感として、ここ数年のCSR領域における課題は「マテリアリティ」と「エンゲージメント」です。マテリアリティは、CSRの戦略的な側 …

エンゲージメント・マーケティングの良書「Engagement First !」(原 裕)

エンゲージメント・マーケティング ステークホルダーとのエンゲージメントを望む企業も、実務ではなかなかうまくいかないことが多いと思います。 さて、今回の読書メモは「Engagement First!」(原 裕、マイナビ出版 …

ステークホルダー特定がCSRの基本である理由

ステークホルダーの特定 最近、よく質問されるんですよ。「CSR活動って何からしたらいいですか」と。 そこで僕はこう答えます。「ステークホルダーとマテリアリティの特定です」と。そうすると、当たり前ですが「?」みたいな顔をさ …

CSRから見た広報–ステークホルダーとのエンゲージメント

CSRから見た広報 最近お会いするCSR推進担当の方で、広報出身もしくは広報部門のCSR担当という方が増えています。 まぁ、そもそもCSR担当になる人のパターンってそんなに多くないので、よくある話といえばそれまでですが。 …

CSRの中心概念でもある「ステークホルダーエンゲージメント」とは

ステークホルダーの特定とエンゲージメント CSRの国際規格 ISO26000 によれば、「ステークホルダーの特定」と「ステークホルダーエンゲージメント」は、CSRの取組みの中心であるとしています。 最近、「CSRコミュニ …