|カテゴリ:その他

東洋経済CSRセミナー「投資にCSR情報は必要か?」(1月29日14時、日本橋)

CSRセミナー

東洋経済CSRセミナー

東洋経済新報社は、CSRの各テーマを参加者と共に考えていく「東洋経済CSRセミナー」を4月から定期的に開催しています。今回はこれまでご要望の多かったCSR情報(ESG情報)の株式投資などへの活用について考えていきます。
 
日本版スチュワードシップ・コード、統合報告、などCSR情報(ESG情報、非財務情報)を活用して株式投資しようという動きが広まっています。一方で個人投資家をはじめ一般にはまだまだCSR情報と株式投資などとは結びにくいのが現状です。

そこで、このセミナーでは海外の最新情報を知るとともに、実際に投資家はCSR(ESG)情報をどう収集し活用すればよいのか、さらに企業はどのような開示をすべきなのか、などを幅広く議論し、企業側、投資側双方が株式投資とCSR(ESG)情報についての理解を深めていくことを目指します。

CSR部署の方だけではなく、IR、広報、新しい投資方法に興味がある個人投資家の方にお勧めです。

概要

日時:2015年1月29日(木) 14:00~17:00(受付開始13:30)
会場:社団法人経済倶楽部ホール(東洋経済ビル9階)
住所:東京都中央区日本橋本石町1-2-1(最寄駅:地下鉄「三越前駅」B3出口から徒歩0分)
地図:http://corp.toyokeizai.net/who-we-are/outline/
定員:100名(最少開催人員:30名)
主催:東洋経済新報社CSRプロジェクトチーム
参加費:6,000円(早期申し込み:5,500円)
申込:「Peatix」よりお申し込み下さい。

※講演者訳の『グリーン投資戦略ハンドブック』(2014年刊、税込定価:4,536円)を資料として使用します。書籍代は参加費に含まれます。

予定プログラム

・ご挨拶
・講演:「世界の機関投資家が注目する企業のESG情報」
  NPO法人 社会的責任投資フォーラム(JSIF)会長:荒井 勝氏

・パネルディスカッション:「投資家のCSR情報活用法について考えよう」
・パネリスト
  荒井 勝氏(NPO法人 社会的責任投資フォーラム(JSIF)会長)
  杉浦 康之氏(日興フィナンシャル・インテリジェンス株式会社 社会システム研究所CSR調査室アナリスト)
  他1名
・モデレーター:岸本 吉浩(東洋経済新報社『CSR企業総覧』編集長)
・閉会のご挨拶

講演者・パネリスト

荒井 勝(あらい・まさる)氏

NPO法人 社会的責任投資フォーラム(JSIF)会長
企業価値リサーチ・インスティテュート代表理事、FTSE4Goodアドバイザリーコミッティー・メンバー、CDP Japanアドバイザリーグループ・メンバー、エコステージ協会第三者評価委員。

1972年大和証券入社、海外の中央銀行・政府系投資会社の日本への投資業務に従事。サウジアラビア駐在、大和ANZインターナショナル(オーストラリア)社長等を経て、1992年大和証券投資信託委託に入社。主に運用業務に従事し、責任投資には2003年より関わる。2005年より世界の2大責任投資指数のひとつであるFTSE4Goodのアドバイザリーコミッティー・メンバーを務める。取締役兼専務執行役員運用本部長等を務め2012年退任。2003年投資信託協会業務部会長。GRIガイドライン第3次改訂作業の投資家諮問委員会メンバー。2008~09年環境省「環境金融普及促進調査検討会」委員。2012~13年環境省「環境に配慮した事業活動の促進に関する検討会」委員。2014年経済産業省「健康経営度調査基準検討委員会」委員。
 

杉浦 康之(すぎうら・やすゆき)氏

日興フィナンシャル・インテリジェンス株式会社 社会システム研究所CSR調査室アナリスト

申込み

申込み:「Peatix」よりお申し込み下さい。

※※別セミナーですがCSRセミナー「しなやかな強さを持つレジリエント・カンパニー」(1月22日14時、日本橋)も合わせてご検討下さいませ。



セミナー案内:更新済み2017年12月以降のCSRセミナー[→詳細]

執筆者:安藤 光展[→プロフィール詳細]