CSR活動の実践のための本『新版 CSR経営戦略: 「社会的責任」で競争力を高める』(伊吹英子)

CSR経営戦略

CSRの経営戦略

今回の読書メモは、『新版 CSR経営戦略: 「社会的責任」で競争力を高める』(伊吹英子、東洋経済新報社)です。

随分前に買って読んだ記憶があるのですが、誰かに貸してそのままになっているようで、改訂版を改めてみていいなと思い購入。もう前のはいいや。誰に貸したかも覚えていないし…。

中の人に、この改訂版が出るのは聞いていたので、結構早めにピックアップしました。いやー、結論良い本でした。CSR事例もボチボチあります。有名なのが多いです。

実践的な内容となっているので、少なくとも買って損ということはないと思います。「CSRコンサルティングの第一人者」ってキャッチコピーもいいですね。日本には「事象:CSR〇〇の第一人者」がたくさんいるので、一般層に響いているかはわかりませんが。

重たいっちゃ重い本なので、サクっと読めるわけでもなく、読み込むのにある程度の時間がかかるかと思います。本当にまんべんなく、多くの事象にたいして書かれているので、レベルの差に関係なくCSR担当者はマストで購入して下さい。むしろ、僕らみたいなCSR支援をしている人たちが一番学びがあるかも。

ただ残念だったのは、副題が『「社会的責任」で競争力を高める』なのに、競争優位性のエビデンスが乏しかったことかな。事例紹介がエビデンスにはなりえませんからね、普通。ぶっちゃっけ、そこを知りたかったっす。残念。大手の有名な事例ばかりで、変わった事例や統計・データなどはほとんどなし。

しかし、改めて読むと、僕レベルでもよい振り返りにもなるし、CSR理解レベルの初心者〜上級者まで、学びのある本かと思います。ハデさはないものの、トータルでクオリティの高い、良い本でした。

新版 CSR経営戦略: 「社会的責任」で競争力を高める

CSR(企業の社会的責任)を経営戦略の側面からどう位置づけたらよいのか、その理論的な枠組みとともに、実践のための手順、組織づくりまでを日欧米の事例をまじえながら示す。CSRコンサルティングの第一人者による、経営・事業に融合したCSR実践の必携書。

photo credit via photopin cc


サステナビリティ情報開示のことなら、専門家の私たちにご相談ください。


私たちはサステナビリティ情報開示支援を得意分野とする専門家集団です。
情報開示に課題を抱えるCSR推進担当の方、企業評価向上のための専門家を探しているレポート/ウェブサイト制作会社の方、お気軽にお問合せください。

事業概要
お問合せフォーム