世界でトップの残業時間と労働生産性の低さ。さてどこの国のことでしょうか?

ワークライフバランス

ワークライフバランス

「30%残業が減っても、売上が上がる企業もある。」

株式会社ワーク・ライフバランスの小室さんのTEDでのスピーチの一節です。こちらの動画を今回はシェアいたします。

ワークライフバランスは重要だと思っている経営者は多いと思いますが、本当にそれが実施されている企業はどれくらいあるのでしょうか?

まー、ワークライフバランスの考慮だけがCSRではないのですが、やはり従業員が幸せや喜びを感じられない仕事ってもったいないですよね。適材適所も含めて、ワークライフバランスは会社の規模に関係なく、考慮すべき人材戦略だと思います。

一応、内閣府というか政府もワークライフバランスの配慮を推進してますし。

で、小室さんの興味深い話は、僕も寄稿するニュースメディア「ハフィントンポスト」にもありますので、動画だけでなく、こちらも参考までにどうぞ。

「残業ゼロ、中小企業こそ効果がある」小室淑恵さんに聞くワーク・ライフバランス【実例】
「19時に帰ったら、全てが変わった」小室淑恵さんに聞くワーク・ライフバランス【Woman’s Story】
小室淑恵さんと長野智子編集主幹が語る、これからのワーク・ライフバランス【ハフポスト1周年イベント】

ちなみに、拙著『この数字で世界経済のことが10倍わかる–経済のモノサシと社会のモノサシ』でも労働生産性の話を詳しく書いてますので、お買い求めいただけると幸いです!

Life balance: Yoshie Komuro at TEDxTokyo(日本語)


csr

このエントリーをはてなブックマークに追加