AppleがLGBTパレードで示した“平等と多様性”という価値観

Apple-CSR

受け入れることがイノベーションにつながる

iPhoneやiPadで有名なApple社は、ここ数年、積極的なCSR活動を展開しています。

今回紹介する動画は、先月末に行われたLGBTの祭典におけるパレードのものです。

動画には、CEOのティムクック氏も映っています。どのCSR活動もそうですが、多忙なCEOがプログラム実施の現場に顔を出すことは、対外的なアピールとしてとても重要な要素なのかもしれません。

受け入れることがイノベーションにもつながる。10年以上のAppleユーザーだから贔屓している部分もありますけど、その崇高な精神性は、もっと評価されてもいいと思いますけどね。

LGBTの関連記事
LGBTからみる6兆円マーケットと、配慮企業8事例
企業はCSRとしてどこまでLGBTを尊重すべきか
女性の活躍が企業のCSRの争点となる3つの理由

Pride

On June 29, thousands of Apple employees and their families marched in the San Francisco Pride Parade. They came from around the world — from cities as far as Munich, Paris, and Hong Kong — to celebrate Apple’s unwavering commitment to equality and diversity. Because we believe that inclusion inspires innovation

6月29日、たくさんのApple社従業員とその家族が、サンフランシスコ・プライド・パレードに参加しました。ミュンヘン、パリ、香港などの世界中から集まった従業員たちは、平等と多様性という確固たるコミットメントを表現しました。なぜなら私たちは、受け入れることがイノベーションにつながると信じているからです。(筆者・訳)

Apple社の関連記事
AppleのCSRは、おしとやかでコーズマーケティングな75億円だった?
AppleのCSRコミュニケーション! CSR系動画「Better」
Apple社の最新CSRレポート「サプライヤー責任報告書2014」



■  運営勉強会のご案内 ■
・国内最大級のCSR担当者コミュニティ「サステナビリティ・トレンド・ネットワーク」(次回定例会:2020/1/15)
・企業評価と情報開示について学ぶ会員制研究会「サステナビリティ評価研究会」(2020年度参加者募集中)

■  CSR情報開示に課題を感じている担当者様へ ■
・情報開示の「第三者評価プログラム」