メディアのCSRとは何かーーテレビ東京のCSRウェブコンテンツ

テレビ東京のCSRコンテンツサイト

今日ご紹介するのは、4月1日に新規オープンした、テレビ東京グループのCSRサイト。

実は、テレビ局のCSRコンテンツで、CSR専門Facebookページまで準備しているのって、
テレビ東京だけなんですよ。(もしかしたら僕が見つけられてないだけ?)

そんなことを思っていたので、CSRコンテンツ制作について、
テレビ東京のCSR推進委員会・Yさんにお話を聞いてきました。

これからCSRサイトを立ち上げる企業の方は、
ぜひ参考にしてみて下さい。

テレビ東京のCSRコンテンツ

CSRコンテンツサイト

今月始めにリニューアルしたそうですが、
企画から半年くらいの制作期間だったそうです。

CSRコンテンツの軸となる、ミッション・ビジョンについては、
様々な部署と一緒にブラッシュアップしていったそうで、
一番苦労をしたと、Yさんがおっしゃってました。

でもそうやって、色んな人のフィルターを通していくことで、
より、自分たちらしさがまとまってきたり、
「制作すること」を目標として、
意識や価値観が整理されていくということもあると思います。

ちなみに、YさんはCSR専任ではなく、総務のタスクなど、
様々なプロジェクトを抱えながらのCSRの取りまとめをしているそうです。

会社の大きなイベント(例えば株主総会など)がある時は、
なかなかCSR推進活動にリソースをさけないこともある中でのウェブ・リニューアル。
僕だったら投げ出してしますかも…ってくらいすごいと感じました。

今後の活動

テレビ東京CSR
(Facebookページより引用)

Yさんによると、全社的な活動も今後していくそうです。
校外学習などの教育コンテンツの充実も企画しているそうで。

従業員ひとりひとりが、CSRとは何かを理解し、
巡りめぐって自分たちのためになるということ啓蒙していくとのこと。

従業員の方とCSR活動との接点を増やしていきたいともおっしゃってました。

そういった考えの中、今、
食堂前の掲示板にCSR活動時の写真を掲示しているそうです。

こういう取組みいいですよね。
ウェブだけではなく、リアルの場で、実際のCSR活動の写真を見る。

従業員全員が特定のCSR活動に参加できるわけではないので、
現場の空気感をより感じられると思います。

多分、ほとんどの従業員の方は、自社のCSRの取組みは知らないでしょうから、
社内報・イントラネットなども含めて、社内でCSR活動関連の露出を増やすというは、
とても重要なことだと思いました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

実際、テレビ東京の番組ってそこまで見ないんですよねぇ。
(Yさん、ごめんなさい……)

そもそも自宅にテレビがないのですが、ワンセグでTVは見てます。
「カンブリア宮殿」と「ワールドビジネスサテライト」など、
ビジネス系の番組はよく見ますね。

個人的な感想ですが、TV局のCSR活動ってすごく興味があるんです。
だって、マスメディアってステークホルダーがめちゃめちゃ多いじゃないですか。

言ってしまえば、日本の1億2000万人がお客様でステークホルダーであるわけで。
(ビジネスモデル的に言えば、本当のお客様は広告主なんですけど。)

ステークホルダーの幅が非常に広いテレビ東京が今後、
CSR活動を通じて、従業員などをを含めどんな、
CSRコミュニケーションを構築していくのか。

今後の動きは、非常に注目ですね!

テレビ東京グループ|CSR活動
テレビ東京CSR活動|Facebookページ


執筆者安藤光展/CSRコンサルタント
CSR/SDGs経営の専門家。著書は『創発型責任経営-新しいつながりの経営モデル』(日本経済新聞出版社)ほか多数。日本最大級のCSR担当者コミュニティ「サスネット」主宰。1981年長野県生まれ。

戦略的なCSR情報開示をお求めなら、私にご相談ください。


CSR/サステナビリティ情報開示を専門分野とし、経営戦略にまで踏み込んだコンサル型の情報開示支援を行なっています。成果にこだわる情報開示をお望みの方、情報開示のコストの削減/効率化を目指す方、是非「お問い合わせフォーム」よりご相談ください。

安藤光展のプロフィール
情報開示の第三者評価
研修/講演依頼

CSR/サステナビリティに関する勉強会・研究会を主催しています。これからCSR推進活動をする初級担当者、他社担当者と情報交換したい方、組織のCSR評価を一段階上げたい方、などにおすすめです。

日本最大級のCSR担当者コミュニティ「サスネット」
企業評価および情報開示を学ぶ会員制勉強会「サステナビリティ評価研究会」