企業は環境活動(経営)をしたほうが儲かるという事実

環境経営

環境経営について。実は企業は環境活動(経営)をしたほうが儲かる、という事実が判明したのです。

ビジネスチャンスと捉え、虎視眈々と進む企業が年々増えている。

環境省:2010年「環境にやさしい企業行動調査」の結果について

面白いですね。見方にもよりますが、売上げの高い企業は軒並み環境活動に取り組んでいるとか。また、環境活動はビジネスにつながるなんて調査結果も。おもしろいですねぇ。データが環境省ですからね。日本のCSRは環境活動ばかりといいますが、僕は悪いことではないと思ってます。

壊れた地球では、ビジネスなんて存在しない。このフレーズの通り、すべての企業は大小に関わらず、取り組まなければいけない課題ですからね。CSR的に言えば、それだけに留まらない「つながり」を、環境経営を通じて作ってほしいと願う所です。


<お知らせ>
・2021年2月20日:次回情報開示勉強会「テーマ:デジタル時代のCSR報告」(4/14)の告知を始めました

サステナビリティ企業評価でお困りではありませんか?


私たちが得意とする「サステナビリティ情報開示支援」に限らず、サステナビリティ経営に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと貴社の悩みを解決できると考えています。

事業概要
定例セミナー
お問合せフォーム