今年もリコーらがトップ–日経「第2回SDGs経営調査」(2020)

日経SDGs調査

SDGs経営格付け

先週、日経より「第2回SDGs経営調査」の結果(格付け)の発表がありました。

>>2020年 SDGs企業番付表 総合力上位に入ったのは

SDGs経営調査とは、今回が2回目(2年目)。事業を通じてSDGsに貢献し、企業価値向上につなげる取り組みをSDGs経営と定義。「SDGs戦略・経済価値」「環境価値」「社会価値」「ガバナンス」の4つの視点で評価。国内の上場企業と従業員100人以上の非上場企業を対象に731社(うち上場企業685社)が回答。昨年は637社回答だったので100社くらい回答企業が増えましたね。

というわけで早速ランキング結果をシェアします。

SDGs経営調査2020・総合上位企業および大賞

■大賞
SDGs経営大賞:リコー
SDGs戦略・経済価値賞:東京海上ホールディングス(HD)
社会価値賞:資生堂
環境価値賞:キリンHD

■偏差値70以上
キリンHD、コニカミノルタ、リコー

■偏差値65以上70未満
アサヒグループHD、アズビル、アンリツ、イオン、エーザイ、NEC、MS&ADインシュアランスグループHD、オムロン、花王、KDDI、サントリーHD、塩野義製薬、資生堂、島津製作所、清水建設、J・フロントリテイリング、セイコーエプソン、積水ハウス、セブン&アイHD、ソフトバンク、SOMPO HD、第一三共、大日本印刷、大和ハウス工業、東京海上HD、トヨタ自動車、豊田合成、日清食品HD、日本たばこ産業、ファンケル、富士通、富士フイルムHD、丸井グループ、三井住友フィナンシャルグループ、三菱UFJフィナンシャル・グループ、ヤマハ

出典:日経「第2回SDGs経営調査」

参照:SDGs経営調査2019・総合上位企業

■偏差値70以上
キリンHD、コニカミノルタ、リコー

■偏差値65以上70未満
アサヒグループHD、アンリツ、イオン、エーザイ、MS&ADインシュアランスグループHD、小野薬品工業、オムロン、花王、コマツ、サントリーHD、資生堂、清水建設、セイコーエプソン、積水ハウス、セブン&アイHD、ソニー、SOMPO HD、第一三共、ダイキン工業、大日本印刷、大和ハウス工業、東京海上HD、東芝、TOTO、日本たばこ産業、パナソニック、富士フィルムHD、ブリヂストン、丸井グループ、三菱ケミカルHD、ユニ・チャーム

出典:日経「第1回SDGs経営調査」

総評

今年のトップスリーも昨年に続きキリン・コニカミノルタ・リコーでした。「2019年度の温暖化ガス排出を前年度比で減らした企業は4割にのぼり、オムロンなど約20社で削減幅が2割に達した。新型コロナウイルス下でも7割が雇用を維持するなど社会貢献を重視する企業が増えている。」ということだそうで、ESG投資の文脈からのプレッシャーを含めて、気候変動対応(特にGHG排出)は、企業評価において超重要となりました。

「リコーは供給網と一体となって30年までにCO2排出量を20%減らす目標を掲げる。取引額の大きいサプライヤー企業350社向けにCO2削減を促す説明会を設けている。」という話のようで、最近流行りのサプライチェーン全体での取り組みが加速しているようです。みんなこれを始めると環境コンサルがいらなくなってしまいますね。

最近はTCFDの普及もあり、ちょっと環境領域により過ぎている印象もあります。気候変動対応が重要ではないことはないのですが、コロナ禍の中、私は「S」の方にもっと意識を向けるべきと思いますが…。

非正規を含めて雇用を守るという企業が7割程度だったそうですが、これ2020年夏時点のアンケート回答なので、コロナの第三波が来ている今後は、大手企業でも雇用守れないと思います。10月以降、上場企業で希望退職開始の報道が増えていますし、年度末退職に向けて年明けにも大手企業の希望退職募集がもっと増えるでしょうし、なんとも。コロナの本格的な影響は、第3回調査分(2021年7月ごろ?)に反映されるでしょうから、そちらも要チェックです。

>>第1回SDGs経営調査 分析レポート

引用元:オムロンなど温暖化ガス2割削減 日経SDGs調査

まとめ

日経は2020年に「ESGブランド調査」(旧 環境ブランド調査)を始めましたし、ESGやSDGs領域で一気に存在感をだしてきました。この20年くらい環境分野できた日経ですが、時代の変化に対応してきてます。日経グループではコンサルも出版もESG・SDGsで攻めてますし、企業側にどんどんプレッシャーかけてます。

もちろん、企業としては、アンケート調査系は回答にそれなりの時間がかかるため、ある程度取捨選択する必要があります。上場企業でも大手では大学ゼミからの質問表みたいなものを含めて、年間数百質問表がくるという話も聞いたことがありますので、やはり、メディア露出の大きい調査や、経営層が重視している調査などで絞り込む必要があります。

国内の総合評価(CSR/ESG/SDGs)は日経と東洋経済だけなので、私はこの2つに回答しないという選択肢はないと思うのですが…。まぁ、上位になったところで何かが起きるわけでもないといえば、それまでですが。

ちなみに、当方で国内調査(日経「SDGs経営調査」、東洋経済「CSR企業調査」など)の調査回答支援もしていますので、お気軽にお問い合わせください。

関連記事
初代はトヨタ・サントリー・イオン–日経BP「第1回ESGブランド調査」
国内ESG格付けの決定版! 東洋経済「ESG企業ランキング2020」
トヨタ・ホンダ・ドコモがトップ! 東洋経済「社会貢献支出額ランキング2020」


安藤光展

サステナビリティ推進でお困りではありませんか?


私たちが得意とする「サステナビリティ情報開示支援」に限らず、サステナビリティ経営に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと貴社の悩みを解決できると考えています。

事業概要
定例セミナー
お問合せフォーム