[お知らせ]CSRサイト格付け「第5回サステナビリティサイト調査」を開始しました

サステナビリティサイトアワード

サステナビリティサイト調査

今年もCSRウェブコンテンツ格付け「サステナビリティサイトアワード」の調査が始まりました。半年かけて調査を行い、来年(2021年)の1月上旬にアワードを発表予定です。

CSR/サステナビリティ・ウェブコンテンツの情報充実度で格付けした「サステナビリティサイト・アワード」は、国内全上場企業および大手非上場企業の、CSRコンテンツにおける情報充実度を評価し、企業の非財務情報開示の意識向上を目的としています。

毎年発表を続けており、2021年1月発表予定の格付けで5回目となります。「ウェブアクセシビリティ」「戦略」「実践」の3つの視点で設定した、7テーマ300以上の客観的な評価項目に基づき格付けを作成してきました。今回は、グローバルな評価の変化を考慮し、フレームワークを変更予定です。ただし、第1回からのコンセプトは変わらず「情報充実度」を評価軸として評価していきます。

前回(2020年1月発表分)は、アワード受賞企業の3割くらいは、受賞をプレスリリースしてくれました。東洋経済とか日経とかのCSR調査表回答にも、我々の評価を外部評価事例として掲載いただくことも増えており、さすがに日本で唯一のCSRウェブコンテンツ調査を4〜5年していると、だいぶ認知度が上がってきたことを感じています。我々も調査ノウハウがたまり精度が高まってきたので、2021年はより多くの方に広げていく予定です。こちらは詳細が決まりしだい発表いたします。

今年も全上場企業のCSRウェブコンテンツを調査員が手分けして調査していきます。私は、調査プロジェクトの責任者として、全上場企業および大手非上場企業の約3,800社のコンテンツを目視で調査します。とても大変な作業で、半年がかりのものになりますが、サステナビリティ情報開示の専門家を名乗る以上、人任せにせず自身で行っています。全世界で4,000社近くの日本企業のCSRコンテンツを目視でチェックしているのは、私くらいだと思います。普通の人は絶対しません。理由は簡単で大変すぎるからです…。でもアクセシビリティもチェックするので、プログラムによるテキストマイニングではダメなのです。

今年はどんな発見があるでしょうか。また、昨年アワードを受賞した企業は今年も獲得できるのか、それともチャレンジャーの勝利になるのか。アワードの発表は、2021年1月上旬を予定しています。お楽しみに!

関連記事

サステナビリティサイトアワード2020(2020年1月発表)
CSRコンテンツ充実度ランキング2019(2019年1月発表)
CSRコンテンツ充実度ランキング2018(2018年1月発表)
※2020年発表分より、アワード形式となり名称を変更しています



専門家による第三者評価は、私にご相談ください。


CSR/SDGs経営およびサステナビリティ情報開示を専門とし、企業価値向上にこだわった実務支援や第三者評価を行なっています。また、CSR推進支援会社様の業務パートナーとしてのご相談も常時お待ちしています。

プロフィール/事業概要
実績紹介
第三者評価