第4回CSRサイト格付け「サステナビリティサイト・アワード2020」発表

サステナビリティサイトアワード

サステナビリティサイト・アワード2020

私が代表をしております一般社団法人CSRコミュニケーション協会にて、CSRウェブコンテンツ調査の最新結果を発表しましたのでお知らせします。

CSR/サステナビリティ領域の情報開示に関する調査およびアドバイザリーを行っている一般社団法人 CSRコミュニケーション協会は、CSR/サステナビリティ・ウェブコンテンツ(以下、CSRコンテンツ)の情報充実度で格付けした「サステナビリティサイト・アワード2020」(以下、本アワード)を本日発表し受賞企業を公表いたします。

本アワードは、国内全上場企業および大手非上場企業の、CSRコンテンツにおける情報充実度を評価し、企業の非財務情報開示の意識向上を目的としています。毎年発表を続けており今回で4回目となります。「ウェブアクセシビリティ」「戦略」「実践」の3つの視点で設定した、7テーマ300以上の客観的な評価項目に基づき格付けを作成しています。

昨年度の格付け(旧名称:CSRコンテンツ充実度ランキング)との変更点は、格付けをランキング形式からアワード形式へ変更したこと、評価対象企業を「JPX日経インデックス400(400社)」から「全上場企業および大手非上場企業」へ拡大したこと、が挙げられます。本アワードでは、上位より「ゴールド(最優秀賞)」「シルバー(優秀賞)」「ブロンズ(優良賞)」の企業を選定しました。

>>プレスリリースページ

アワード表彰企業

■ゴールド(最優秀賞、5社)
サントリーホールディングス、大建工業、日本電気、伊藤忠商事、大和ハウス工業

■シルバー(優秀賞、15社)
東レ、野村不動産ホールディングス、ロッテ、SOMPOホールディングス、オムロン、日本碍子、ダイキン工業、住友林業、日本郵政、帝人、積水ハウス、東急不動産ホールディングス、綜合警備保障、LIXILグループ、長谷工コーポレーション

■ブロンズ(優良賞、15社)
カシオ計算機、富士フイルムホールディングス、明治ホールディングス、住友商事、日立システムズ、日立化成、ローム、カルソニックカンセイ、ヒューリック、ヤフー、グローリー、ニコン、三井化学、日本電信電話、日本生命保険

調査概要

期間:2019年7月1日〜2019年10月31日(期間内で内容変更があった場合は更新前の状態で評価している場合あり)
対象:東京証券取引所・全上場企業および大手非上場企業の合計約3,800社。(2019年6月30日時点)
内容:コーポレートサイトおよび特設サイトのCSR/CSV/SDGs/ESG/サステナビリティ/社会貢献/環境活動、等に関連する日本語のウェブコンテンツ(PDF資料は対象外)
方法:対象企業において主要項目評価(一次スクリーニング調査)をし一定基準を満たした企業(211社)を抽出。抽出された企業を加点方式によってスコアリングし、評価対象全体の上位約1%となる先進企業35社(ゴールド5社、シルバー15社、ブロンズ15社)を選定。

詳細

本アワードに関する詳細は【プレスリリースページ】をご確認ください。



■  勉強会のご案内 ■
・日本最大級のCSR担当者コミュニティ「サスネット」(次回定例会:2020年4月22日)

■  CSR情報開示に閉塞感を感じている担当者様へ ■
・情報開示の「第三者評価プログラム」