|カテゴリ:CSR経営 , 環境/気候変動問題

経営戦略に組込むCSR–環境CSRで企業価値向上をさせるポイント

CSR企業価値向上

CSRで企業価値向上を!

先日、経産省から「平成27年度グリーン貢献量認証制度等基盤整備事業(環境と企業価値向上に係る調査事業)報告書」(PDF)というレポートが発表されていたので共有します。

ちなみに155ページあるので、経産省のサイトからダウンロードして、ゆっくり目を通してみてください。

以下に目次だけ載せますが、環境の話より、最新のCSRに関する情報みたいな話題のほうが多いです。これ読むだけで、ここ数年のCSRの振り返りができるレベルです。

目次

■第1章:はじめに
1、事業目的
2、調査の基本方針
(1) 環境と企業活動に関する現状認識
(2) 「戦略的CSR」と「企業価値」について
(3) 調査の仮説
(4) 調査事業実施の流れ

■第2章:環境の側面からの短期・中期・長期的なリスクとチャンスの分析
1、環境に関するグローバルな中長期的課題とリスク・チャンスの認識
2、課題解決に向けた国際的な枠組み
3、日本企業がこれらか直面するであろうリスクとチャンス

■第3章:企業における環境課題への対応の側面からのCSRと経営戦略の位置づけ
1、国内・海外の企業調査の概要
2、国内企業の状況
3、欧州企業の状況
4、米国企業の状況
5、アジア企業の状況
6、分析及び考察

■第4章:企業と投資家の新しい関係及び情報開示の在り方分析
1、企業と投資家との対話による中長期的投資促進の動向とその影響
2、各国のESGを考慮した投資の動向とその影響
3、ESGに関するインデックス・格付けの動向とその影響
4、ESG情報等の開示の動向とその影響
5、企業と投資家の新たな関係による、日本企業における戦略的CSR活動 採用への影響の分析

■第5章:国の施策の検証、検討
1、海外の施策動向
2、米国の施策動向
3、アジア諸国の施策動向
4、我が国の施策の検討・検証(まとめ)

企業価値向上とは

環境の話がメインなのですが、まんべんなく、CSRの話がまとまっていて、これはこれでよく復習になると思います。というか、最新のCSR動向を包括的に学ぶのであれば、このレポートは必ずチェックすべきです。

で、一貫して「企業価値向上」についての話だったので、図を1つ紹介します。

企業価値向上

改めて、CSR活動のメリット・デメリットを確認して、企業側のインセンティブというか、戦略思考とかをまとめておきたいものです。「企業価値向上」とは何か、というポイントをきちんと分解、明文化し、組織内にもCSR活動による価値創出を広めていきましょう。

まとめ

「企業価値」とは何か。日々忙しくしているCSR担当者の方は、なかなか意識することはないかもしれません。

それでも会社からCSR担当者に求められるのは“成果”であることは間違いないでしょう。

ロジックといいますか、とかく抽象論で終わってしまうCSRの成果を戦略的にまとめていきましょう。以下の関連記事も戦略構築の役に立つと思いますのでお時間がある時にチェックしてみてください。

関連記事
環境省「環境にやさしい企業行動調査」(2016)
SDGsをCSR戦略に組込んだ日本企業9事例
表面化したCSR課題は本質ではない–ステークホルダー対応の別視点とは
CSRコンサルティングの“提案”に、CSRコンサルタントがはまる罠とは
CSRとは何か?CSRの意味とメリット・デメリットとは



セミナー案内:更新済み2017年12月以降のCSRセミナー[→詳細]

執筆者:安藤 光展[→プロフィール詳細]