マテリアリティ特定による弊害–なぜ形だけでもつくりたがるのか

マテリアリティ特定の意味 ここ数年で最も注目されるCSR活動は「マテリアリティ」でしょう。事業戦略や“本業でCSR”の名の下に、いよいよCSR活動が企業の重要戦略として語られる社会情勢になってきたことを素晴らしく思います …

CSRにおけるマテリアリティ特定とKGI/KPIについて

マテリアリティの特定方法 近年のCSRの概念の浸透により、一歩進んでCSRに戦略的/積極的に取り組もうという企業が増えています。 そこで皆さんの関心の的が「マテリアリティ」となるわけです。 しかし、このマテリアリティの特 …

マテリアリティ特定プロセス–国内の社会情勢を反映する意味

マテリアリティ特定プロセス 今週「平成28年版 厚生労働白書」が発表となりましたのでシェアします。 各官公庁が白書的なものを毎年発行していますが、厚生労働白書は昨今のCSR的な要素が多いものの一つです。 で今年のサブタイ …

国家施策としてのCSR推進–国内のマテリアリティ動向

国内のマテリアリティ動向 先日、とあるCSR評価の高い企業のベテランCSR担当の方が「CSR担当者同士ではよくマテリアリティの話になるが、SDGsを含めたグローバル・イシューばかりに注目が集まり、国内のイシューやステーク …