|カテゴリ:CSRブランディング , CSR経営

CSRコンサルティングの“提案”に、CSRコンサルタントがはまる罠とは

CSRコンサルティングの現状 毎年1〜3月は年度末ということもあり、CSRコンサルティングのコンペに参加させてもらうことが多いです。 上場企業はCSR活動をそこそこしているイメージがある人も多いと思いますが、全上場企業・ … 続きを読む CSRコンサルティングの“提案”に、CSRコンサルタントがはまる罠とは

|カテゴリ:CSRコミュニケーション , CSRブランディング

企業発信のCSR情報はステークホルダーに伝わってない

CSR情報の多くは届いていない? 企業とステークホルダーの“良い関係”って、そんな簡単に作れませんよ。 というわけで、本記事は独り言っぽく「ステークホルダーが主語になっているか」という視点についてまとめます。 CSRコミ … 続きを読む 企業発信のCSR情報はステークホルダーに伝わってない

|カテゴリ:CSRコミュニケーション , CSRブランディング

CSRコミュニケーションにおける「ソーシャルプルーフ」(社会的信頼)

CSRコミュニケーションにおける信頼感 CSR活動は“信頼される企業になるため”に行なうものである。このように言い切る人がいます。で、僕もこの意見には賛成です。 そこでソーシャルメディア論などでも使われる「ソーシャルプル … 続きを読む CSRコミュニケーションにおける「ソーシャルプルーフ」(社会的信頼)

|カテゴリ:CSRブランディング , CSRランキング/CSR格付け

CSR系ランキング「世界で最も賞賛される企業」(2016)

世界で最も賞賛される企業 人材と組織のグローバルアドバイザリー企業コーン・フェリーのヘイグループ部門は、米ビジネス誌「フォーチュン」と毎年共同で実施する調査、第19回『世界で最も賞賛される企業(World’s Most … 続きを読む CSR系ランキング「世界で最も賞賛される企業」(2016)

|カテゴリ:CSRブランディング , CSR経営

CSR活動において量と質を分けて考えている時点で思考停止

CSRの行き止まり 講演や研修でもしばしば質問される設問で「CSR活動は“量”を求めるべきか“質”を求めるべきか」というようなものがあります。 最近もこの手の質問があり、どのようにお伝えすればご理解いただけるか悩んでいま … 続きを読む CSR活動において量と質を分けて考えている時点で思考停止