社会起業家の定義。

社会起業家は、困った人に魚を与えるのではなく、
捕り方を教えるだけでなく、漁業自体の変革を目指す人。
これなんですよね。
もちろん、既存の企業を否定するわけではないです。
あくまでも、「その先まで見つめる」ことに注力しているというか、
あくまでも起業家の中のジャンルとでもいうのでしょうか。
お金がない、時間がないからできない。
じゃあ、私もあなたに協力はしないけどいい?的な。
お金がない、時間がないからできない。
でも少しだけなら協力できるかもしれないよ。
じゃあ、私もあなたのためになるなら何か協力させて下さい。みたいな。
これが社会貢献の形だと思うのです。
幸福のベクトルを少しだけ、他人に向けるだけ。
1000万寄付しろとはだれも言ってないわけで。
そんな風に思う今日この頃です。
ちょいエコ社長



■ 募集中のセミナー/イベント ■
・最新著書の「出版記念シンポジウム」募集開始(7/26,8/2)
・東洋経済『CSR企業白書』2019年版 ブラッシュアップセミナー(7/29)
・国内最大級のCSR担当者コミュニティ「サステナビリティ・トレンド・ネットワーク」定例会(7/24)