社会起業家の定義

社会起業家は、困った人に魚を与えるのではなく、捕り方を教えるだけでなく、漁業自体の変革を目指す人。

これなんですよね。

もちろん、既存の企業を否定するわけではないです。あくまでも、「その先まで見つめる」ことに注力しているというか、あくまでも起業家の中のジャンルとでもいうのでしょうか。

お金がない、時間がないからできない。じゃあ、私もあなたに協力はしないけどいい?的な。お金がない、時間がないからできない。でも少しだけなら協力できるかもしれないよ。じゃあ、私もあなたのためになるなら何か協力させて下さい。みたいな。

これが社会貢献の形だと思うのです。幸福のベクトルを少しだけ、他人に向けるだけ。1000万寄付しろとはだれも言ってないわけで。そんな風に思う今日この頃です。


【PR】担当者勉強会:第10回CSRセミナー:テーマ「SDGsウォッシュ」(7/15)

成果にこだわる情報開示は、私にご相談ください。


CSR/SDGs経営およびサステナビリティ情報開示を専門とし、企業価値向上にこだわり経営戦略に踏み込んだコンサルティング型の支援を行なっています。また、CSR推進支援会社様の業務パートナーとしてのご相談も引き続きお待ちしています。

プロフィール/事業概要
研修/講演依頼
お問い合わせ