[お知らせ]週刊東洋経済にインタビューが掲載されました

メディア掲載事例

メディア掲載のお知らせです。本日発売(2018年11月19日発売号)の「週刊東洋経済11/24号:CSR広告企画」の冒頭インタビューをしていただきました。見開き2ページのボリュームも、コンビニに並ぶような大手ビジネス誌も、初めての経験です。(東洋経済新報社のCSR企業白書などに寄稿はさせていただたことはあります)

今まで、雑誌の取材はごくたまに取材を受けてコメントしたりしてました。私レベルだと、取材することはあってもされることはあまりないのです。CSR/サステナビリティというニッチなビジネスカテゴリの専門家ですし、コンビニに並ぶような一般誌はほとんど縁がありませんでした。今回はまさかの週刊東洋経済というガチンコなビジネス誌で、しかも数ページにわたるインタビュー掲載ということで、独立して10年して、やっと一人前のビジネスパーソンになれた気分です。(さすがに最初で最後だと思いますが)

さて、内容ですが、CSR/サステナビリティ全般に関する話なので、リテラシーが高い人にはあまり面白みがないかもしれません…。ただ一番伝えたかった、一般社員も社長も「当事者意識」を持とう、というメッセージは伝えられたかと。機会をいただきました担当のS様ありがとうございました。

ESG投資の特集もありますので、ぜひ、今からコンビニ・書店にダッシュして買ってください!ちなみに「CSR企業総覧2019」も本日発売のようですので、CSRを支援する側の方はこちらもチェックです!

週刊東洋経済


執筆者安藤光展/CSRコンサルタント
CSR/SDGs経営の専門家。著書は『創発型責任経営-新しいつながりの経営モデル』(日本経済新聞出版社)ほか多数。日本最大級のCSR担当者コミュニティ「サスネット」主宰。1981年長野県生まれ。

戦略的なCSR情報開示をお求めなら、私にご相談ください。


CSR/サステナビリティ情報開示を専門とし、経営戦略にまで踏み込んだコンサルティング型の支援を行なっています。成果にこだわる情報開示をお望みの方、情報開示のコストの削減/効率化を目指す方、是非「お問い合わせフォーム」よりご相談ください。また、CSR支援会社様の業務パートナーとしてのご相談もお待ちしています。

安藤光展のプロフィール
情報開示の第三者評価
研修/講演依頼

CSR/サステナビリティに関する勉強会を主宰しています。これからCSR推進活動をする初級担当者、他社担当者と情報交換したい方、組織のCSR評価を一段階上げたい方、などにおすすめです。

日本最大級のCSR担当者コミュニティ「サスネット」